読んでいただいたり、ポチポチおしていただいたり、素敵なお言葉いただいたり、励みになっております。
本当にありがとうございます。
全体的に止まっていて申し訳ないのですが…本当に日々の癒しにさせていただいています。

それから、自主企画にご参加いただいた皆様もありがとうございました。
今回も、様々な真昼なお話が集まり、大変興味深かったです。
真昼ってどんな話?と思ってくださった方は、一つ前の自主企画倉庫にリンクがありますので、ぜひ出掛けてみていただけると嬉しいです。


※※※


全然関係ないのですが。
いまだにまんぷくから抜け出せず。
チキンラーメンが食べたくて仕方がない病からも抜け出せない今日この頃です。

7件のコメント

  • こんばんは。
    チキンラーメン美味しいですよねv
    メーカーさんで紹介されてる卵を乗っける食べ方も美味しいですが、ちょこっとだけ昆布ダシを追加(顆粒ので2〜3グラムくらい)して食べるのもものすっごく美味しいです。おすすめです(笑)

  •  あるひ様、こんばんは。
     突然の訪問、失礼いたします。この度は、「灰色の花」にとっても素敵なレビューを頂きましたので、お礼を申し上げたく近況ノートの方にお邪魔いたしました。
     普段はレビューを頂いても、書いてくださった方の都合を悶々と考えてしまう為、直接お礼をしに行くことはないのですが、あるひ様が「灰色の花」をよく読んで下さり、そのたびに応援をしてくださっていたので、今回は勇気を出してお礼を伝えるために参りました。

    「灰色の花」に頂いたはじめてのレビューはとても熱のこもった内容で、作者としてもこんな風に作品を紹介して頂けて本当に嬉しかったです。
     恋愛重視の方が読まれるとしたら、きっと物足りなさを感じる内容ではないかな、と思っていたのですが、あるひ様のレビューを読んで、メレンケリの『石膏者』としての立場だったり、右手の力だったり、様々な人との出会いなども楽しんでもらえていたのを知り、恋愛だけの話にしなくて良かったと改めて思いました。
     「灰色の花」は元々、20話くらいで終わらせようと思っていたのですが、あれよあれよと言う間に100話近くまでになってしまいました。読む方にとっては少々大変かと思いますが、最終章にも入りましたのでもう少しで完結する予定となっております。
     そして「読みやすい」と言って頂けたことは、本当にありがたいお言葉です。これからも読みやすいように工夫しながら、「灰色の花」を完結まで書いていこうと思います。
     長々と失礼いたしました。
     本当にありがとうございます!

  • 追記:もし、お礼等のコメントが苦手でしたら、問答無用で削除して頂いて構いません!

  • 若生竜夜様、こんばんは。
    おいしい情報をいただいてしまった!!!!
    今度ぜひ試させていただきます。ありがとうございます。
    チキンラーメンあまり好きじゃなかった記憶があったのですが(子どもの頃食べ過ぎたのか)、ひさしぶりに食べたら衝撃の美味しさでした。
    今度は昆布だしを用意しなければ!

    真昼っぽいお話にも、ご参加ありがとうございました。
    「コーラルリーフ」見つけた瞬間、こっそりとっても喜んでいました。

    ありがとうございます。

  • Yuri様、こんにちは。
    遠いところを、こちらまでお越しいだいてありがとうございます。

    それから「灰色の花」も、日々楽しませていただいてありがとうございます。
    レビューあまり得意でないので、伝わりにくい部分も多くあり冷静になると申し訳ない気持ちもあるのですが、「灰色の花」愛と、皆さんも読んで読んでー!という気持ちだけはたっぷり詰め込みましたので、受け取っていただけて嬉しいです。

    ネタバレになるので書けませんでしたが、お父さんのくだりと妹とのハグの場面が本当に大好きでして。お兄さんの、パンもお互いに大事に思ってるのが伝わってきて。
    メレンケリ、元々素直な感覚を持っている子だと思うのですが、その素直さを率直に相手にも伝えられるようになったこと、そのきっかけになったあの出会いに本当に感謝だなぁと思っていました。
    もちろん、恋愛面も楽しみにしています!!

    連載大変なことも多いかと思いますが、最終章の執筆も応援しております。楽しみに、お待ちしております。

    コメントくださり、ありがとうございました。

  • レビューありがとうございました♪

    私の作品は変なのが多いですがもしよかったら他のもよろしくお願いいたします。゚(゚´ω`゚)゚。

  • 泥んことかげ様、こんにちは。
    こちらまでお越しいただいて、ありがとうございます。

    魔王と勇者ものをあまり読んだことがなかったのですが、養成学校というのが珍しく、読み進めていました。あまり言うとネタバレになってしまうので控えが…!
    こちらこそ、拝読させていただきありがとうございました。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン