「趣味は?」と聞かれて「小説書くことです」と言っちゃえる人はいいのです。

私は言えないので^^;

なんか、いろいろ抵抗がある。
というのも、そもそも作家を目指して小説書いてるなら「趣味」じゃねーだろと思ってしまうし、趣味で小説書いてるなら、よほど暇か孤独を持て余してるのかと思ってしまう。「いいご趣味で」とは言いにくい趣味だったりするんじゃないかと、私自身思ってたからなんだけど……
あと「この人趣味で小説書いてんだな」という情報が頭の片隅に残っている場合、相手を警戒してしまう自分もいたりいなかったりで……
けっこう、自分で言いだすのも相手から聞いてしまうのも、趣味としては微妙な気がする、小説を書くという行為。

ぶっちゃけ、「趣味が小説書くことです」ってのは、趣味として世間に定着してない部類だと思うんですよね。
それよりは「趣味は読書です」と言う方を選んでしまう。
実際、小説書く人は読書も人より好んでいる人が多いでしょうし、これを口にするのは何の抵抗もない。

では、趣味として抵抗を感じる小説をなんで書くかってのが疑問になってくるんだよなぁ……けっして暇なわけじゃないのに。それに、文章書くことがことさら好きってわけでもなく、だからして文章がうまく書けるわけでもないのに……
不思議だ……。
不思議だから、書いてるのかもしれないけど。
でも……小説書くのは面白い。そう思ってるから、下手でも何でも書き続けられるってのはある。
別に作家を目指してなくても^^;