短編集「銀のヤドリギ」の連載を始めました(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

1000字前後の掌編、もとい独り言の比重が多くなるかもしれません。前々から構想している長編を形にするための練習帳として執筆するので、ゆる~く楽しんでいただければ嬉しいです。

気が向きましたら、どうぞ覗いてやってください♪

6件のコメント

  • 続き、楽しみにしています ! 

  • 襤褸。さま

    始めたばかりなので、続きを楽しみにしてくださって嬉しいです(●´ω`●)

  • >羽間慧様

    おお、こちらの短編は、長編のための布石だったのですね! 興味が湧きます!(^^)!

    僕が一時期やっていたのは、同じストーリー(ごく短編)を主要登場人物たちに体験させる、というものです。同じ状況で、コイツだったらどんな反応をするかな? ということに理解を深めようと思いまして。

    今羽間さんがなさっているのも似た感じかなあと、親近感を寄せております(^^)/

  • 岩井喬さま

    長編のための布石になればいいのですが(>_<。)💦
    とりあえず8万字書けるように頑張ってみようと思っています!

    いろんなキャラクターや展開にチャレンジする予定なので、岩井さまが教えてくださった試験的なものに親近感を覚えました(*'-'*)ノ

  • >羽間慧様

    応援させていただく意も込めまして、一つアドバイス(に似た独断と偏見)を。

    長いお話を書く場合、個人的に最も重要だと思っているのは、『主人公の変化』です。『成長』とか『立場の移り変わり』とも言えますね。
    ご好評いただいた『R.G.C.』は、それが上手くキマったな、と自画自賛しております(^^;

    お話の主軸がブレないようにするため、及び目標地点の明確化のため、有効な手段かと思われます。

    失礼しましたー!

  • >羽間慧様

    おはようございます(^^)/
    そうそう、ふと思ったことがありまして、助言となるかどうかは微妙なところですが……。

    僕が長編を書く時、必ず意識するのは、『これが映画だったらどうなるか』です。

    映画:2~2.5時間
    文庫本(個人差あり):3~4時間

    で楽しんでいただけるものとすると、やはり長編映画一本分のお話の規模というのが適切なのかなあ、と思っております。
    羽間さんの大変丁寧な、練りに練られた文体を以てすれば、もっと時間をかけて拝読すべし! とは思うのですけれど(^^)

    今までお尋ねしたことがなかった(と思う)のですが、もしよろしければ、羽間さんのお好きな映画などございましたら、教えていただけないでしょうか?
    もちろん、「誰でも知ってるわい!」という知名度の高い作品でも大歓迎です(後で見直します・笑)。

    もしお時間ありましたら、お返事いただけると幸いです。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン