ほっこりしたい読み物がほしいと思いまして、二回目は小学生の女の子を主人公にしました。

子供の頃、どんなしゃべり方をしてたっけ。
姉妹のいる家庭ってこんな感じかな。
短期間で色んなことを見つめ直す良い機会になりました。

ちなみに羽間は一人っ子です。友人が兄弟姉妹の話をするとき、羨ましく思うことはよくあります。

2件のコメント

  • >羽間慧様

    夜分にお邪魔致します(^^)/
    僕には弟が一人おります。既に成人して、仕事の都合で別居していますが。

    なかなか会う機会がないので、実家(=岩井の生息地)に来た時は絡もうと試みるのですが、なかなか愛想よくしてくれません。ツンではないような気がするのですけれど。なんなんだ、あいつ(訊くな^^;

    さて、今日も今日とてご助言を賜りたく、参上致しました。お時間及びお心に余裕がおありであれば、また構っていただけると幸いです<(_ _)>

    【①短編を書く意味とは?】

    僕は長編で勝負したいと考えている人間です。しかし、羽間さんが提案してくださったように、短編(中編?)を書くことで、新たな癒しというか、爽快感を得ている部分もあります。
    楽しくてやっていることなので、意味だ意義だと騒ぐ気は毛頭ないのですが、『長編書きにとって短編を書く意味』、いかが思われますでしょうか?

    【②書きたがりでも読書がしたい!】

    こればっかりは、カクヨムの皆様方に謝るしかありません。カクヨム作品・商業作品、共に『ヨム』ことができなくなっております。時間的制約という意味ではなく、意欲的な問題で。
    無理やり読むのも、商業作品ならまだしも、ネット上での作品においては、カクヨムの皆様方の作品に対して失礼では、とも思います故、『ヨム』休止中。
    これまたいかが思われますでしょうか?

    繰り返しになりますが、羽間さんのよろしい時にご助言いただけると、大変有難く存じます<(_ _)>

  • 岩井喬さま

    岩井さまのコメントはKAC2020の応募作品の執筆でキツイとき、読み返して力をいただいていました。弟さんとの素敵なエピソードを教えてもらえて嬉しかったです。

    以下は、岩井さまの質問への答えです。こういうケースもあるのだと、さらりと受け流してもらえれば幸いです。

    【①短編を書く意味とは?】
    短編で扱う主要キャラクターの数は1~3人程度。長編と比べれば少人数です。その少ない人物達の生き方を限られた文字数で鮮明に描くことが、短編ならではの楽しみだと思います。

    長編は書きたいことが膨らみすぎて、名前と性格が一致しないキャラの多さに混同する読者さまが増えるケースが出てしまう怖さがあります。しかし、短編は覚える情報が少ないために読みやすい。ただ、少ない情報で描くため、心に残る作品にする工夫は徹底的にしなければなりませんが。

    長編書きにとって短編を書く意味は、省エネルギーで作品ができることでしょうか。執筆も、推敲にかける労力も何割かカットできる気はします。ある程度書いて没にしたときの虚無感も少なくなるかも。人によりけりでしょうけどね。

    【②書きたがりでも読書がしたい!】
    時間的制約だけでなく意欲的な問題でも「ヨム」を休止せざるを得ない期間があっても、私は問題ないと考えています。読み手の意欲があるときに読んでいただいた方が、伝えたい言葉がより響くときがあると思うので。元気になったときに来ていただいた方が嬉しいです! のんびりお待ちしていますよ。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン