フォロー

こんにちは、埴輪です!

「美味しい話&恋の話 短編小説コンテスト」が始まりました!

……というわけで、新作のSF短編小説を応募させて頂きました!

『40光年の彼女』
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883039654

「4000文字~6000文字」というのは、書き手にとっても読み手にとっても、大変お手軽な文字数ではないかと思います!

私は短編小説の面白さをことあるごとに実感していますが、「受賞作をアンソロジーとして出版する」という導線には、大きな夢があると思います!

「短編小説の面白さとは何か」……これを説明するのは難しいですが、そんなことを考えずに楽しめるのが短編小説の面白さであり、魅力ではないかと思います!

また、この忙しい現代社会においては、何よりもその「短さ」が強みであることは間違いなく、空いた時間に「読み切れる」ということは満足感にも繋がりますから、ぜひアンソロジーという可能性が広がってくれればと思います!

その試金石……と言うと大げさかもしれませんが、本コンテストを書き手も読み手も大いに楽しんでいきましょう!

……そうそう、本コンテストは読み手として参加している間に、自分も書いてみようと思って書き始めても、応募に間に合うという希有な機会でもあります。

もし私の作品を読んでくれた方が、小説を書いてみたいと思ってくれたなら……これほど嬉しいことはありません!(これぐらいなら自分にも書けそうだでも可!)

4件のコメント

  • 埴輪様

     こんばんは。コメント失礼します。
    先程はご丁寧にありがとうございました。
    ご多忙の中、時間を割いて頂き恐縮の限りです。

     コメントや声を掛けて頂いたりすると、嬉しくてついついお礼を申し上げにお邪魔してしまいます。
    Webサイトならではの恩恵の一つだと感じる今日この頃です。

     また、お邪魔させて頂きます。失礼しました。

     

  • ★ときさん

    コメントありがとうございます!

    いえいえ、こちらこそとても助かりましたわ!

    またいつでもお気軽に!

  • 埴輪様

     こんばんは。遊びに来ました!
    お祝いのお言葉、本当にありがとうございました。
    「カクヨム」様で書き続け、埴輪様をはじめ、作家様方の励ましに支えられ、第一目標を達成する事が出来ました。
    また、Web向きなのかどうなのか、モヤモヤしている所にも
    むしろWeb向きと背中を押して下さって、感謝しかありません。
    (確かに文字数からしてWebの恩恵を受けていますし)

     自由な分、作者にのしかかる負担も大きいと感じますが、こうして交流できる事が何より嬉しく思います。
    ご多忙の中、拙作にいらして下さったり、意見交換をして下さったりと、埴輪様にはお世話になってばかりで恐縮です。
    いつもいつも、ありがとうございます。

     レビューの事は、お気遣いなく!
    それなりにルールを作っておかないと、何かとブレてしまいますからね。そこは大切だと思います。
    その時にならないと、気分も乗りませんからね!
    分かります、そこは凄く分かります。

     これからも、埴輪様を応援させて頂きます。
    これだけは譲りません!

     では、またお邪魔させて頂きますね。

  • ★ときさん

    いらっしゃいませ!

    執筆をしていると、それを断念させようというありとあらゆる感情が内側から湧き出てくるものだと思いますので、それに屈することなく、弛まず書き続けて頂ければと思います!

    それでも屈しそうな時には、一声かけて頂ければ、背中をどつき回したいと思います!

    完結した、あるいは区切りのついた作品におすすめレビューをしたいというのも、全ては作品として完成させて欲しいという願いからです。

    どんなに素晴らしい内容でも、やはり未完成では作品として評価することはできないというのが私の考えです。

    何度か応援や期待の意味を込めておすすめレビューをしたこともあるのですが……どうもしっくりこないというか、だからこそ、応援コメントとが追加されて良かったと思います!

    またいつでもお気軽にお越し下さいませ!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン