第22話「漆黒の羽のもとに」です。

死神は下っ端ならこの主人公でもなんとかなりますが、今回の死神は根源に触れるほうの割と原始的なものなので、小手先のことでは通用しないという裏設定があります。
バトルものみたいなそこまで格好いい話になりませんでした。
私の書くなかでは珍しく恋人のいる主人公。