カクヨム短編賞参加したいけど新しく書くヒマが捻出できないので、気持ちだけ味わおうと、過去作を参加させました。

「吸血鬼さんとバイト娘」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885443939

「祝福きたる」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054884486053

「豆腐とカフェオレとメガネと霊視」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054886225513

のみっつです。
すでに1000作を超える応募作に埋没してしまっている様子。
読者選考あるので、エンタメに全振りした新作に勝てる要素がまったくないのですが参加すること自体に意味があると賞金10万円の文字を見ながら思います。

お金欲しいなー。(本音)

読むのも楽しみです。短編は読みやすいので。長編読むには根性が足りなくて。