『100分de名著 アルベール・カミュ ペスト』

NHKのテキストです。2018年8月のテキストですが、まだ書店で手に入ります。

めちゃくちゃよかった。
最後の方は涙目で読んでましたもん。テキストを? うん、テキストを。

YouTubeで、この動画を何度も見ながら(寝ながらなので、聴きながらか?)テキストを読み終えたのですが、とてもおもしろかったです。

『ペスト』そのものは、読むと読みにくいのかもしれませんが、このテキストはとても読みやすく、カミュの思想も手に取るように分かって、非常によかった。

実存主義――って、ちんぷんかんぷんだったのですが、理解の手がかりを得たような気がします。なにより『ペスト』がおもしろい。ノーベル文学賞? そりゃもらうでしょ。