フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

趣味で小説書いてる人達のSNSとしての評価と、小説コンテストへの投稿作としての評価がごちゃ混ぜになってるから、読者選考はすっきりしないんだなと……(繰り返し上がるカクヨム評価システムへの不満を読みつつ)。

コミュニティに参加して、10万文字分のSS集を期間内に上げるっていうのが無難な解答みたく思えるけど、書くだけに注力したい人には、現状意味不明で理解不能な解だわなとも。

2件のコメント

  • フジムラさん はじめまして こんにちは。

    近況ノート一覧からやって来ました。

    そうですよね。SNS的な甘い評価と小説の完成度を吟味した評価が混じってしまうのが今の星の問題点のひとつだと私も思います。
    だからこそレビュ爆で営業をかける人が現れてしまう訳ですし。

    レビュ瀑問題はお礼にレビュー返そうと甘い評価をする人もまた問題だとは思います。お礼だからってそこは心を鬼にしてレビューをするべきです。

    身内評価と純粋評価を何処かで分類出来るといいんですけど、いい解決策が思いつきません。多分いい解決策はないんでしょうね。

  • にゃべ♪さんはじめまして。

    書くのも書き続けるのも大変な事だと知っているから、一度でもやり取りした人が新作上げたりすると「読んだよ」「頑張ってるね」の意味合いで星を付けたいものだけれど、それは「この作品を出版に足る優秀作として推す」のとは意味合いが違う。
    もちろん、出版までこぎつければ祝いもするし、ご祝儀としての購入もやぶさかじゃないけど。

    私個人はキャラに感情移入したり、物語に没入するには読み込みが必要なタイプ。なので買った本や漫画を読み、アニメも見て自作を書いてると、期間中に10万文字作品何本も読了して、吟味の上星を投げるとか到底無理なんですが。

    (´-`).oO(参加したからにはルールは飲んだ上だけど、毎度もにょりはしますわな)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン