作家になりたい……のは山々ですが、何度か公募にも出して悉く1次選考すら通らなかった経験から、私はどちらかと言うと原作者になりたいです。
落ちまくったのもひとつの理由ですが、同じ物書きの友人とかと話していると、「あ、これいい」とか「このネタおもしろい」とか、そういうのが結構出てくるんですよね。意外な発見とかもあったり。
なのでこれはこうとか、あれはどうすればいいとかそういうことを話しながら面白くできれば私は作家じゃなくてもいいやって最近思うようになりました。
短編ばっかり書いてて話だけはたくさん書いてますしね。
原作、原案としてあって、書いてくれる人は別にいて、面白くしてくれればそれでいい。
少なくとも「原作者」として名前は残りますしね。