トカレスカ騎士団に関する評価・批評などはここに集約します。絶対ココです。

1件のコメント

  • エルネード様、
    お待たせしました。5話まで拝見させてもらいましたので結果を発表します。

    ~気になった点~
    ・小説を書く上での基本ルールが守られていない。
    厳守する必要は全くありません。私も幾つか守っていません。しかし、守られていないのは事実であり、そこに何かしらの哲学も感じません。これでは「ただ知らないだけ」の印象を受けてしまうので、改善をオススメします。ルールについては、少し調べれば直ぐに出てきますし、それほど多くもなければ、複雑でもないです。

    ・ところどころで意味の分からない表現がある。
    例えば「馬車はブレーキした」など。雰囲気はなんとなく分かりますが、馬車に車のようなブレーキは存在しません。(一応、固定用のサイドブレーキはありますが)加えて、馬車を自動車に置き換えても文法はおかしいままです。

    ・とにかく「~~た」という表現が多い。
    この表現は完了形などに該当します。つまり躍動感のあるシーンで無暗に使うのはお勧めできません。なにより、あまりに連続しているせいで下手なラップか、小学生の作文を読まされている気分になります。

    ・無駄な説明が多い。
    状況を細かく説明するのは親切であり、分かりやすさや読みやすさに繋がります。しかし、セリフの後に「訊ねた」とわざわざ補則を入れなくとも、?をつければ済む問題です。それよりも説明すべきところや、文章の勢いなど、優先すべきことは他にあるかと。

    ・表現方法が不安定。
    勉強しながら書いているのは理解できますし、それが悪い事だとは言いません。作品概要の主要キャラの紹介が髪形だったり、髪色だったりと説明箇所がブレブレなのもそうですが、コロコロと表現がかわるので、流石に拙さが目につきすぎて肝心の内容が入ってきません。


    ~備考~
    まず、書き方は統一しましょう。せめて一章だけでも統一しないと、読みに来てくれた読者を内容とは別のところで切り捨てる事になります。それは非常に勿体ない事です。

    ストーリー展開に関しては、現状では悪くないと思います。背景世界の説明も簡潔で分かりやすいですし、いきなり野盗に襲われるのも王道でいいかと。しいて上げるなら、もう少し具体的な目標が早々に提示されるといいかと。例えば「この大会で優勝すれば」とか「コイツだけは倒さないといけない宿敵がいる」みたいなヤツです。

    最後に、コメントにあった「感情の動きの客観的描写」ですが(ストーリーに関しては序盤しか拝見していないので、なんとも言えません)まず、何かコレと決めたら「表現が全てソレになる」悪い癖があります。結果として文章が単調になり、躍動感やメリハリが損なわれてしまいます。それぞれの表現だけでなく、使い分けも意識するといいかと思います。



    それでは感想は以上となります。
    辛らつな意見ばかりで申し訳ありませんが、あくまで客観的な分析とご理解ください。
    それでは失礼します。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン