皆さま、平素は拙作をご愛読いただきありがとうございます。さて、ご存知の通り、第四回コンテストはあと少しで応募締め切りとなります。
SOLVEはこの締め切りまでに完結を目指しておりましたが、締め切りに間に合わせるやっつけ仕事は避けたいと思い、敢えて未完の状態での応募としたいと思います。現在(3-12 面接まで)十二万文字超ですので、応募条件としては何とかクリアはいたしました。
これ以降のエピソードは、コンテストとしての評価対象外となりますが、これまで以上にクォリティの高い執筆を心掛けてたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

3件のコメント

  • 谷川流慕 様


    こんばんは。
    にぎた と申します。
    夜分遅くにすみません。

    この度は「レンズ少女」をお読みいただき、また嬉しいお言葉も頂戴して、誠にありがとうございました。

    谷川様の「きみさえよければ、僕に微笑んで下さい」も、まだ一少しですが、読ませていただいております。

    私も同じくミステリー好きな性分なので、谷川様の他の作品も、ぜひチェックさせていただきますね。

    よろしくお願い致します。


    にぎた

  • こんばんは。六重奏、最後まで読んで頂きレビューまで、ありがとうございました。レビュー、とても魅力的にまとめて頂いてありがとうございました。特に「日本社会の現実ど真ん中を舞台としながらも、夢のある素敵」がですね、すごく嬉しかったです。

  • 何処にご連絡を差し上げていいかわからず、こちらに失礼します。
    先般は『メランコリー・ギルド』をお読みいただきまして、ありがとうございます。たくさんの応援をいただき、また高く評価していただきまして感謝しております。 
    前述の拙作は、。谷川様が読んでくださったことに背中を押されただいま続きを書いております。そのため、一旦下書き状態にしております。
    また投稿させていただきました際には、どうぞよろしくお願いいたします。

    谷川様の作品も、ぜひ拝読させていただきたくお邪魔いたします。
    今後のご活躍をお祈りしております。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン