池袋駅で女子高校生を救命する看護師トキトオさんが、大学生の主人公「僕」とお酒を飲みに行くまでのお話。駅員が語る夢の形とは。彼らは同じ夢を見た後のような顔をして列車から降りてくる。「みんな同じ顔をしているんです。出勤ラッシュ時は特に」

インクが出にくいボールペンにイライラする。
「線路に物を落とした方は駅員まで」の影絵。駅員がマジックハンドで帽子を拾おうとしている。その後ろに立つ少女の絵はどことなく不気味だ。
列車がもうすぐやってくる。遠くの陽炎に揺れている。

文学性の女5
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888588759/episodes/1177354054890149763

どうぞよろしくお願い申し上げます。