https://kakuyomu.jp/works/1177354054889508034/episodes/1177354054890823350

こんばんは。みどりこまです。
「急募:魔王」、更新しました。またまた更新がちょこっと滞ってすみません。セルフお盆休みをしていました……。

今回のお話は、ガッツリ裏社会の人間の男性のお話です。この話、たまに黒い表現を軽率に出すので本当にそう言うの嫌いな人に申し訳ない。一応、残酷描写有りみたいなタグ?フィルターはついてるんですけどね。
彼は臓器売買で生計を立てており、その臓器も自分で調達している、と言う設定です。死体とかは、ちょろっと出てきた友人とかに融通してもらったり、自分で見つけてきたり。そして、解体して、高く買ってくれる人たちに流す。でも、それをし過ぎて心が壊れ始めている(多分、殆ど壊れている)為、自分を卑下し、自殺未遂を日常的に繰り返す様になりました。多分、常に顔色は悪く、濃い隈が出来ていることでしょう。
そんな中、たまたまインストールしたゲームが自分がやっていることとは正反対のことをやる内容だった為、現実逃避を兼ねてどっぷり嵌ってしまう。本編には書いてませんが、十二人の中で一番魔物を死なせていないのはこの男性です。
この人、最初は魔物を滅茶苦茶殺す、とか、アンデット系の魔物しか育てない様な人にしようと思っていたんですが、全く正反対になってしまいました。でもまあ、これでいいのかもしれません。

というわけで、「暫定候補十二人 case.4 生と死に憑りつかれた男」でした。