https://kakuyomu.jp/works/1177354054889508034/episodes/1177354054889675627

こんばんは。みどりこまです。
「急募:魔王」、更新しました。やっと魔女と魔物達の対面です。

今回はやっぱり人の心が分からないアンや魔物達を書いてみました。お互いにただ「魔王」を求めるがあまり、魔女自身の承諾を得ずに彼女の情報を漏らしていくスタイル。そして、魔女本人はまともに会話とかしたことがないため、「あ、会話ってそういうものなのね」と思い込んでしまうものの、ストレスは溜まっていくという悪循環。おそらく、アンの上司は胃が痛いことでしょう。
それと、魔女自身の問題点についても浮き彫りにして見ました。彼女の最大の問題点は、人とのかかわりがなかったこと。唯一あるのは彼女を生んだ「神様」ですが、その他は全くと言っていいほどありません。だから、人の中で得ることが出来る常識や社交性、社会性などが彼女には全くと言っていいほど……とは言いませんが、ほぼありません。そして、それ故に魔物達とのかかわりを拒絶してしまいます。最後の方は持ち直したかのように見せましたが、あれも彼女の問題点の一つというより、ちょっとした異常性ですね。とにかく、前回の少年よりも呑み込みは早いですが、人間味はありません。魔女自身も相当ヤベー奴です。
次回は、何とか交流していくと思いますが……。

というわけで、「本を開いたあなたは「魔王」-4」でした。