こんにちは。長田将一(ながたまさかず)です。

『小説家になろう』さんの方で盛大にウェブ小説家引退宣言をした僕ですが、
みなさんのおかげでもう少し頑張ろうという気持ちになり、現在進行形の作品を
今後の予定という形でこちらにお知らせできればと思います。

まず一つが『見た目が十割の~』の補完的お話『佐伯帆帆子は諦めない』を『見た目が十割の~』の続きとして投稿します。
こちらは一万字くらいの超短編になります。
凛ちゃんは出てこない……。なんでだ? なんでなんだ、俺の脳! 
ちなみに芽依と帆帆子が百合百合しています。

それからものすごく嬉しいレビューに刺激されて、妹物の新作プロットを書き始めています。
ただ僕は遅筆&完成してから投稿という形を取っているため、みなさんにお見せできるのが三か月後とかになってしまうかなと思います。

ほんとは「他の作品も読んでみたい」というレビューを頂いた時点で電撃に投稿予定の作品をアップしてしまおうかという衝動に襲われましたが、電撃はウェブ上に掲載したまま投稿ができないこと、作品がラブコメではなく青春群像劇?みたいな感じだったので、読者さんの求めているものではないかもしれないと判断して諦めました。

でも、それくらい感動しましたし、救われました。
僕はほんとに読者さんに助けられて日々キーボードを打っていられます。

そもそも『見た目が十割~』もある読者さんがいなければ書くことはありませんでしたし、今回も読者さんの声がなければ今頭を捻らせている新作も書くことはなかったと思います。

そしてなにより、僕の作品を読んでくださった皆さま、ほんとに感謝しています。
ウェブで執筆していると、つい数字を追ってしまいがちです。
それが嫌で僕はわざと一括投稿なんてウェブ小説のご法度をしたわけですが、数字の向こうに一人一人の人が、日々の貴重な時間を割いて僕の小説を読んでくださっている。それだけは忘れずにこれからも執筆活動を続けていきたいです。

長々と失礼しました。
一括投稿で読者さんに御礼を言える機会がなかったため、こちらに書かせていただきました。

それではまた。
『佐伯帆帆子はあきらめない』でお会いできれば飛んで跳ねて喜びます。
これからもよろしくお願いします。