フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

第3回ユーザーミーティングに行ってまいりました。
お会いしたかった方や、はてな・KADOKAWAのスタッフの方とお話しできたのはすごく嬉しかったです。唯一の心の残りは、和風ファンタジー(恋愛もの)について、もっと突っ込んで聞いておけば良かったってことでしょうかw
楽しくて、そして勉強になりました。ありがとうございます。

トークショーの具体的な内容や質疑応答で触れられた話などは、乙島さんのレポートが詳しいので、そちらをどうぞ。
乙島紅様『カクヨム活動雑記』
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881629452


ここでは、トークショーの内容と個別のプロット講評で頂いた話を合わせて、私が考えたことを。


トークショーで、角川文庫さんの現状の読者層は、40代女性だという話が上がっていました。
この年代――30代女性まで含めれば、私にとって身近な人たちになります。
ちょうど、ママ友の世代なんです。

また、「リアルな世界に、ファンタジックな要素を含んだ」話が好まれていると話されていました。
「ラノベを卒業した人」「ラノベを読んでいなくても、非日常を味わいたい人」もいるのだ、とも。

これはもしかして、「あー子育て疲れたわー、旦那にときめかないわー」というオバサンの、癒しとかトキメキとか、そういうのを充たす話が流行っているのかな、と。

キャラ文芸がウケるのはトキメキ補充のため(私が涙おにいちゃんや明智さんにきゃーきゃー言っているのがこの部分)。
泣ける話が多いのは、デトックスしたいから(『部屋にオカマの霊が~』とか『ブラッド・ライン』とか、私にとって泣ける話と言えばこのあたり)。


これを踏まえて、プロットの個別講評で訊ねてみました。
「私の話、40代女性がターゲットっぽいですよね」
「そうですね」


提出したプロットはド直球の恋愛小説。
お仕事コンの作品なので当然主題は『お仕事』であるべしのところに、恋愛ネタを入れちゃったので「2本あるストーリーを、密接にして展開できるかがポイントです」と言われました。

視点はどうするのか、も訊かれました。
ここは完全にぶっちゃけて「片方に固定のつもりでいたんですけど、そうするとお仕事ネタで書けない部分ができてしまうので、二人交互にしようか思案中です」と返したら、頷かれ。
三人称でも一人称でも多視点がベストでしょうというアドバイスを頂きました。

もう一つキーワードとして挙がったのが『読後感』。
言われた直後はぴんとこなくて困ったのですが…… 今もまだ、うすらぼんやりとした感触しかありません。
だからこそ、課題として指摘いただいたのかな、なんて。


お仕事コンから離れて考えても、私に足りない部分を見事に言い当てられたなぁと思っています。
恋愛とメインストーリーをどう絡めるか。
恋愛を書くなら、どちらの心境も分かるように書けるか。
読後感はもっともっと考えて、意識したいところ。
気付きをありがとうございます。 精進します。


……実は、理想像も伝えてみました。
「江國香織さんの『きらきらひかる』みたいにしたいんです」
「あー。なるほど」
ご担当くださった編集者さん(おにいさん)的にはOKだったみたいですが……

6件のコメント

  • こんばんは!
    実のあるお話がたくさん聞けたようですね!
    かなり具体的なマーケティングの戦略なんかも講演されていたようで、参加者だけの嬉しい情報が満載って感じですなー。

    ミーティング前後にお会い出来てとても嬉しかったです。
    これからもよろしくお願いします!

  • 織田崇滉様、
    個別講評は皆様宝の山だったのでは…!

    こちらこそ、お時間ありがとうございました。
    今後ともよろしくお付き合いくださいませ。

  • 初めまして、一矢射的と申します。
    先日は私の報告書に評価を頂きありがとうございました!

    ミーティング、お疲れさまです。実に楽しく有意義な時間でしたね。
    しかし、それだけに課題や自分の立ち位置も突き付けられ、悩ましい所です。

    自分が参加したミーティングのレポートを読んでも仕方ない。そう思っていたのですが、人によって着目する点がまるで異なり興味深いものですね。これは他の方のレポートもチェックせねば…。

  • 一矢射的様、
    ご丁寧にありがとうございます。当日はお疲れ様でした。

    おっしゃるとおり、人によってキーワードの感じ方が違っていたりして、面白いですよね。
    私もいろんな方のものをチェック中です。

  • こんばんは!どこに書いていいやらわからなかったのでこちらにお邪魔します!
    カクヨムマガジンに秋保センセーの百合だと思ったらノーマルだったが載っているようで!読んだことがあったので、運営見る目があるな、と感動してしまいました。 (偉そうですが、本当に嬉しかったです。テンション駄々上がりでした。)

    これからも頑張って下さい!(^3^)/

  • 穂高美青様、
    わざわざすみません!

    テンションだだ上がり嬉しいです♪
    ありがとうございます。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン