資格試験の勉強が上手くいかず、かなり追い込まれています。おかげで週一の更新もできず、完全に煮詰まっていましたが、昨日嬉しいことがありました。

実は、今年の電撃小説大賞に理由あって挑戦していました。 応募部門は短編。ジャンルはヒューマンドラマ。流行り要素なし。単純にヒューマンドラマのスキルを駆使してぶつけました。

今年の短編部門ですが、一次通過作品は57作品で、短編の応募数は約1200作品でした。

狭き門ではありましたが、無事に通過していました。マイナージャンルだとされているヒューマンドラマであっても通過できることが証明できてよかったです。私自身、ヒューマンドラマに関してはなかなか結果を出せていませんでしたので、かなり嬉しく思います。

ちょっとスランプで書くのが苦痛になっていましたが、ちょっとだけ自信が回復しました。

といっても、毎回この先で返り討ちにあうのですが、今後も変わらず書きたいジャンルであるヒューマンドラマを書いていこうと思います。

取り急ぎでぐだぐだになってしまいましたが、今後とも、流行り要素のないマイナージャンル書きの私ですが、変わらずお付き合いいただけたらと思いますm(__)m

18件のコメント

  • 小森先生、おめでとうございます!
    お名前を見つけた時、「さすが!」とスマホを片手にうなりました。短編作品だったのですね。
    57/1200、素晴らしい数字だと思います。これは自信につながりますね。
    次の8/10(9?)にもいい報告が聞けるよう、心より願っています。

  • 貴堂先生へ

    ありがとうございますm(__)m

    ヒューマンドラマ系は、どこに出しても全滅が続いてましたので、今回は素直に嬉しく思いました。

    ただ、やはり内容に関してはこの先は無理かなと感じています。万人ウケネタではありませんし、レーベルのカラーに合っていないのは自覚しています。

    とはいえ、ヒューマンドラマ系であっても通過できたことは大きな励みになりました。今後もこの路線をベースに、もっと多くの方に読んでもらえる内容を追求したいと思います(^-^)

    マイナージャンルですが、カクヨムでお互いに結果を出せていけたらいいですね。参加されているコンテスト、最後まで頑張ってください!

  • 小森さま

    こんばんは〜!
    一次通過おめでとうございます...!かなりの狭き門を...!本当に凄いです!
    お忙しい中、常に挑戦されている小森さまの熱意には、大変元気づけられます。
    よい結果になるよう、お祈りしています(*^^*)

  • こんにちは~^^

    通過おめでとうございます☆
    煮詰まっている時の知らせは、梅雨空の雲すら吹き飛ばしそうな感じですね。自信がつくことを積み重ねていくと、いつの間にか心にも余裕ができるものです。資格試験も含めて頑張って下さい^^

  • 柳生さまへ

    ありがとうございます(^-^)

    ちょっと迷走気味でしたので、純粋にヒューマンドラマに向き合って書いた作品でしたので、本当に嬉しかったです。

    元ネタは、カクヨムコンやエブリスタで全く相手にされなかったのですが、それでも、良かったというコメントをいただけましたので、なんとか狭き門を通った作品として光を当てることができてよかったです。

    ただ、内容がですね(^_^;)フォールンに読んでもらったら、「レーベルカラーがん無視だろ」と鼻ほじされました(笑)

    電撃が、全く違う路線に切り替わったらチャンスはあるかもしれませんが、とりあえず流行り要素なしのヒューマンドラマ系で一次通過できましたので、今後はもう少し皆さまに広く読んでいただけるように頑張っていきたいと思います(^-^)

  • 愛宕さまへ

    ありがとうございますm(__)m

    あれこれと上手くいかない時期でしたので、一次通過の知らせはちょっとした心の癒しとなりました(^-^)

    ちょっと調べてみたのですが、今年は一次通過作品が少なかったそうです。電撃は公募の最大手ですが、同じく、Web小説の最大手であるなろうのコンテストでは、一次通過作品を大量にとってました。

    同じ大手なのに、全く違う方向性というのがなんだか面白いです。業界の変化が見えてきそうな感じですね(^_^;)

  • 愛宕さまへ

    ぼけっとしてましたら、途中で公開してしまいました(^_^;)

    いつも応援ありがとうございますm(__)m

    早速エタりそうな連載も、九割エタっている作品も、近いうちに再開したいと思います。その前に資格試験なのですが、これが分野違いということもありまして大苦戦中です(笑)
    なんとか受かりたいのですが、こちらも神頼みになりそうです(^_^;)

  • 電撃大賞の一次通過、おめでとうございます。
    私も二作を長編部門で応募したのですが、一次を通過する事はできませんでした。
    それでもやっぱり筆が進まない時というのはあるのですね。
    中々趣味だけで執筆を続けるのは難しいと、私も現在強く感じています。
    やはりなにか、目に見える成果が欲しいです。

  • みひろさまへ

    お立ち寄りいただきありがとうございます。

    今回、電撃に応募した作品は短編でした。ただし、二次以降は期待していませんでした。

    今回欲しかったのは、ブラックボックスになっている一次選考の選考基準を知ることでした。

    その為、送った作品はカラー違いの作品です。内容も、一般文芸寄りのヒューマンドラマでした。

    そんな作品でも、一次選考は通るのか?ということに挑戦した次第です。

    結果は通過できましたので、一次選考の基準がようやくわかることができました。

    結果を残したい気持ち、よくわかります。創作は孤独な戦いですから、結果次第で気持ちが揺さぶられますからね。

    みひろさまの作品、とにかくアイデアが素晴らしいと思います。なかなか思いつかないアイデアを勢いよく書けるのは大きな武器になるかと思います。

    その武器を大切にされれば、きっと結果はついてくると思います。
    お互い、いい結果を残せていけるように頑張っていきましょう!

  • 小森日和様

    こんにちは。^^いすみ 静江です。
    中の人は、真白 小雪、ましろ こゆきです。
    改名がカクヨム様以外終わりましたので、心あらたにしてみました。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    たまにお話しましょう。
    いすみ 静江🌷

  • いずみさまへ

    お久しぶりです!ご無沙汰しておりましたm(__)m

    後で直接お伺いしますね(^-^)

  • 小森さま

    覚えていらっしゃいますでしょうか。
    またウェブコンで帰って来ました。今は別のところで変わらずやっているのですが、今年もウェブコンに参加するかもしれません。

    お気軽にお見かけ時はご対応くださいね。
    新ジャンルの予定です。

    恒例のご挨拶なのでお気遣いなくです😊
    一次突破の数字に驚きつつ帰りますね。

  • みりかさんへ

    お久しぶりです。

    改めて遊びに行きますね!

  • 小森さま 

    こんばんはですね。
    ご挨拶、ありがとうです。

    ご返信しましたよ。是非ご確認くださいね(;^_^A←」

  • 小森日和さん
    こんばんは。紺藤香純です。
    この度は、拙作「ケージではなく、ミトンでもなく」に素敵なレビューをありがとうございました!
    コンテストの中間選考突破は厳しいですが、読んで下さるかたがいらっしゃるだけで嬉しいです。
    応援コメントの返事は、猛暑がお待ち下さい(>_<)
    取り急ぎお礼まで。

  • 紺藤香純さまへ

    コメントの返信大丈夫です。読み終わった勢いで書いたのですが、上手く書けたか不安です。

    作品、面白かったです。昔、完全なる飼育という映画がありましたが、あの系統かなとあらすじで思いました。

    しかし、実際に読んでみたら、読みごたえあるヒューマンドラマと恋愛の形に、最後まで楽しませてもらいました。

    ラストシーン、余韻として残ってます(^-^)

  • 小森さん
    「完全なる飼育」存じなかったので、すこし調べました。有名な役者さんが出演されていたのですね。
    もっともっと、勉強しなくちゃだと思いました。
    粗筋もいつもじょうずに書けず、読者様に誤解を与えてしまっているかもしれません。

  • 紺藤さまへ

    実はあらすじは私も苦手です。セールスポイントを上手く書けず、よくわからない内容で終わるパターンが多いです(^_^;)

    紺藤さまの作品、ネタバレですみませんが、あの一線越えようとしたシーンが素晴らしいと思いました。あの瞬間、二人の立ち位置が明確になり、そして、二人の関係の危うさが浮き彫りになる流れは、強烈な印象でした。
    恋愛とはこうした危うさを孕んでいると、改めて考えることができました。

    今後も、色んなパターンの恋愛作品を書かれることを期待しつつ応援したいと思います!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン