作品のご紹介!!
1.売れない小説家と、アヤの淡くも切ないラブ・ストーリー。
季節は夏、突き抜けるクリスタルブルーの空とマリンブルーの海物語。
【内容紹介】
舞台は灼熱のグアム、原色で彩られたサイパンです。年齢25歳のアヤが主人公です。2人の恋人の間で恋に揺れ動く、淡く儚い、切な過ぎる恋物語です。売れない小説家、萩原達也と主人公、アヤの淡くも切ないラブ・ストーリー。恋する女にとって、秋は一番素敵になれる季節かもしれない。男、そして女。深く、ため息をつけば、そこには1編の詩が生まれる。

2.海老名市役所の職員6名が難問珍問を解決する地域密着型、熱血ストーリー
市を思い、国を憂う、熱き男達の熱血ストーリー。ここに参上。
【内容紹介】
こちら海老名市役所、残業が続いてる。小笠原富蔵の朝は1杯のエスプレッソで始まる。こちら海老名市役所、22時30分。今日も残業が続いていた。家に帰り、遅い夕食を口にし、目をつぶれば数時間で朝を迎える。シャワーを浴び、家を出、市役所に入庁し、またそそくさと同じチェアに腰掛ける。ねずみ色したデスクの上には、書類が山積みになっていて、匿名の投書で溢れ返っていた。海老名市役所を舞台に【なんでも課】の職員総勢6名が、住民の難問、珍問を解決する地域密着型ストーリー。スズメバチの駆除あり、犬の死体処理、猫の捕獲、避妊処理。アリゲーターガーの捕獲……などなど。市を思い、国を憂う、熱き男達の熱血ストーリー。ここに参上。

3.悪質商法に身を染める吉田とSMクラブの女王様、はるみの物語。
キャバクラ、悪質商法、全サラリーマンに告ぐ、営業マン必読の書。
【内容紹介】
やせぎすで、出っ歯。エロ、デバガメ師。悪質商法に身を染める吉田。 黒のボンテージをこよなく愛す、細身長身の女性。SMクラブの女王様はるみ。そのしもべ、ガルシア。 深夜キャバクラのアルバイトに精を出す、ガンバ少女。不動産営業事務の吉川直美。 不動産業で働く、デブチンで、お相撲さん高見盛に似た健太、通称ごっつあんの4人が繰り広げる、サラリーマン哀愁悲話。ストリップ、ソープランド、キャバクラ、悪質商法。お話は裾野を広げ、やがて悲しいクライマックスを迎えます。全サラリーマンに告ぐ、営業マン必読の書。

4.幕末~近代、ユダヤ・コネクション=第三次世界大戦物語!!
学校の授業では教えない日本の黒歴史、暗黒奇譚が今、白日の元に晒される。
【内容紹介】
これは、ジュブナイル小説とは一線を画した、ディープなストーリーテラーに向けられた、ルサンチマンを鼓舞するための読み物である。パラダイムシフトが起きた現代への警鐘、ドグマの破壊、アドバンテージを持った若者へ送る、オノマトペを駆使する侏儒へのメッセージである。花は枯れて、野は燃えて。自民党政権が、スパイ養成を本格的に検討し始めた。陸軍中野学校を復活させるべき準備を始め、東京は中野に隠れアジトを設けた。新聞の小見出しが踊った。