• に登録
  • 異世界ファンタジー
  • SF

人間の醜さこそ美しい

ご無沙汰しております。
そろそろ更新再開したいと思ってます。
荷物持ちに関しては、リファインしたものを改めてそのうち上げたいです。
いつも無責任ですみません。
行動で改善していければと思っております。

ところで、自分の作家性というかテーマなのですが、
『人間の醜さこそ美しい』
を主題にして主張していきたいと思います。

主人公の醜さならば、極端にしてこちらが見下せればギャグになりますし、自虐に特化させれば最上の悲劇になる。悲劇はいつも醜いがゆえにオシャレで美しい。

ヒロインの醜さならば、それは自分なら癒やしてあげられる、悩みを解決して上げられるといったホールドポイントに繋がります。
それはかわいいに直結する。
ヒロインが恥ずかしがったり悔しがったりする姿がかわいいというのもその一例です。

そして何よりも、凡庸で醜く汚らわしい自分という存在を客観的に調理してエンタメとして世の中に提供できるものにすることは、自分にできる最大の社会貢献だと思います。

具体的には、弱いクズの人が安心して自分のクズ性を暴露してそれを共有して貰えるような社会の実現です。
現状の社会は自分の弱さを表すには余りにも恐ろしすぎる。
少なくとも僕は死ぬほど怖いです。
イジメられたくない。
だからやります。
やり抜きます。

なので、人間の醜さや弱さを表現する事で、キャラクターの魅力を最大限に引き出した作品を書いていきたいと思ってます。
宜しくお願いします。

コメント

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する