今回は短編だったので、毎日更新を目指して書いていまいた。

 短編小説は書いたことがなかったんですが、カクヨムのコンテストで短編小説部門があったのと、丁度書きたい話しが頭の中にあったので、挑戦しました。

 完結にはしましたが、カクヨムコンテストの応募するまでは、細かな所をちょこちょこ直すと思います。
 その時は、また読んでいただけたら嬉しいです。

 短編を書いてみると、
・前置きはどこからどこまで書けば良いのか
・どこに話しの厚みを持たせるのか
・不要な説明をしていないか
などなど。

(カクヨムコンテストの短編小説の字数制限が一万字なので)一万字以内に収めるのに、上記に注意しながら書きました。

 書きながら短編小説の難しさや、話しの流れのスピードを勉強出来て良かったです。

 ホラーではありませんが新作の準備をしている最中ですので、次の小説も読んでいただけたらとても嬉しいです。

 契りを籠むを読んでくださった方、ありがとうございます。