ようやく始まりました。
妖精の薬シリーズ2作品目!!

「compromised world~妖精の薬~」

物語の舞台的なのはさほど大きく変わりませんが
主人公は変わり、また前作と違った視点に変わります。
今回の作品で大まかなヒント?というかテーマみたいなのでいうと
タイトルにもあるように
大体、訳すとだが「歩み寄る世界」となります。

前作の主人公・アルシェスは否応にも性格的なのもあって
動き回っては誰かのもとへ飛びついては歩み寄る人でした。
そして、それが得意とも言う。

今回の主人公・リードは前作の主人公の側にいながら
中々動かない人。動けない人でした。
今回の物語でどう動き歩んでいくのかを是非ご覧ください。

そして、街の人々が今回のキーポイントになっていきます!
なので、ちょっとした人もリードにどんな世界を見せることになるやらw

すでに「compromised world~妖精の薬~」を読んでくださった方
そして、感想もくださって本当にありがとうございます!
まだまだ始まったばかりの未知数な物語ですが
楽しんでもらえればいいな♪

それでは、また!