久し振り、といえるほど私は沢山の方に見て貰えているわけではありません。それでもコメント下さる方、見てくださる方、そんな嬉しい誤算にも会えるほど私は恵まれていました。そんな方たちにごめんなさいの一言と、安心して欲しいという気持ちを届けたくこれを書いています。
 全く返事も返さぬまま、こんなにも時間が経ってしまいましたが、執筆の手を緩めた時は数える程しかありませんでした。私にとって何かを仕上げることとは、生きることに直結します。何も生み出せなくなった時、それは私の最後だと思ってます。
 しかし幸いか、これまでアイデアに詰まった経験は一切なく。今の今まで、書きたいものをひたすらに書く時間を過ごしています。再びいきなり姿を消すこともあるかもしれません。それでも投稿しないだけで書いてはいるので、暖かく見守っていただければ、そう切に願っています。
 最後になります。現れて早々の告知を次の投稿でしようと思います。ずっとこいつの執筆を続けてきました。皆さん、何卒宜しくお願いします。