• 異世界ファンタジー
  • 現代ファンタジー

まぼ食、再開しています

なんか散々書けない書けない~って言ってて書いたら書けたの本当に格好のつかない話なんですけど書けているので書いていきます。まあ書けているかっていうと書いている形になっているだけでよく書けているかどうかは怪しいんですが、とりあえず向かうべきところには向かえています。今はそれでよしとしたい。

思うものを思うがまま書ければ悩みなどないわけで、ただ書き手として読み手に悩んで面白いものが書けませんなんて言ってもしょうがない。悩もうがどうしようがちゃんと書いて、書きましたお楽しみくださいとしか言えないわけです。

はい。

次でおよそ10万字になりまして、目標では9万字で一章が完結しているつもりだったのですが、いまだ終わりには遠いなという感じです。たぶん12~13万字くらいまではかかると思います。

次の話から4話くらい一続きの話になるので、4話くらい続けて更新します。一話あたりを3000字に区切っているのでしょうがないんですが、稀に6000字できりがいい話などが出てきてしまう。そういうときでもとりあえず今作については3000の3000の二段でお送りしていきます。

またよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する