• 異世界ファンタジー
  • 現代ファンタジー

まぼ食、続きについて

ご無沙汰しています。

まぼ食、当初「異世界の食事がおいしくない、異世界グルメハードモードをやろう」という思いつきで書き始めたのですが、最近になって考えが変わってきて、本当に書きたいのは実は「異世界には異世界ならではのおいしいものがあるよね」という話なんじゃないかということに気付いて、そういう話をやるには、今のまぼ食、話の展開にせよ登場人物や舞台の設定にせよ、ちょっと無理があることがわかってきました。

まぼ食という物語の枠でやるのが正しいのかどうかはちょっとまだわかっていないんですが、まぼ食という題名で描く物語は、たぶんそっちだと思っているので、今のまぼ食は、改題するかなにかして、別の形で書き上げることになると思います。これはこれで好きで書き始めた物語なので、ちゃんと話として一区切りつけたいと思っています。

ちょっといつになるか目処は経っていないのですが、長い目で見ていただければさいわいです。

コメント

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する