架空の歴史小説を毎日こつこつと書いているのだけれど、登場人物が八十人を超えてしまい、見直した際に、「こいつだれだ」と首をかしげることがふえた。
現在は、プロット五万字、本文七万字。