フォロー

作品を特定のジャンル・カテゴリに仕分けることは、小説を書く側からするとあまり意味の無いことのように思えます。少なくとも書いている最中は。

あるいは明確な目的意識、市場意識を持って作品を作っているときであればある程度の指針にはなるのでしょうか。たとえば賞に向けて創作しているときなど。

翻って、読者にとってはカテゴリ分けされているということは、非常にありがたいことのように思います。まったく中身を知らない状態でも、これから読む作品の傾向を知ることができるというのは、積極的に物語のページを繰るモチベーションにもなるような。

とりあえず、カテゴリ意識を持ってみるという練習をしてみます。