慣れないことをはじめました。

詩集なのです。
不定期公開で、もし、2作くらいで終わったら、ごめんなさい。
今日の夜、もう1話、公開予定です。
お読みくださると、とても嬉しいです。

Lyric「わたしのなかのわたしへ」
https://kakuyomu.jp/works/16816700426419947378

23件のコメント

  • 心の中に溜まった澱を吐き出しながら
    無理なく
    リリカルな世界を^^

  • ことさん
    うん、無理なく、時々って形で書いてくね。コメディとか戦記物とか書いてると、こういう作品を書きたくなってしまいました。

  • いえいえ〜(*´∀`)
    無言読み失礼しました!
    なんか、わたしの言葉を足すのが野暮なことのように感じてしまったので、わたしは静かに読ませてもらったほうがいいなあって思いまして♡
    素敵な光景でした〜(*´ω`*)♡

  • 夏緒さん、ありがとうございます。

  • 眠れないので、ちょっと失礼します。
    「海風とコーヒー」
    こんな小説が書きたいとおっしゃっていたけど,これは小説の一場面としてもすごく素敵だと思います。
    どんなふうに話を膨らませるか,多分アメさんならきっと美しい小説に仕立て上げてくださるんだろうなあという気がします。
    もし書かれたら、絶対読んでみたいですね。
    ただし皆さま年月を経た夫婦の一場面という捉え方をされていたようですが、私は単にそれだけだったらあまり魅力を感じないかもしれません。
    あのシチュエーションで、あの雰囲気で、ふと、夫に青年の面影を見たような、そしてその時のアメさんの胸の内が感じられるようにできたら,小説にしてもきっと素敵なものになると私は思います。
    いずれにせよ、アメさんのそういう小説、とても読んでみたいのは私だけではないでしょうね。
    もう3時です。どうも遅くなってしまいました。
    おやすみなさい。

  • アメさん、風景を褒めていただいてありがとうございます。

    生意気な考察、大変失礼いたしました。

    書き込みありがとうございました。

  • レネさん
    また、考察、よろしくお願いします。とても励みになるんです。ありがとうございます。

  • アメさん、先ほどはわざわざ近況ノートまでありがとうございます。アメさんの詩、とってもすてきで、何度も読み返してしまうのですが、いろいろ言いたいことが浮かんできて、何からどうやって話したらいいのかわからなくて、コメント書けないことがあります。詩って、私にとって、なかなか、そういうところがあります。コメントはあまり書かないかも知れませんが、楽しみに読んでおりますので〜。

  • まりこさん、嬉しいです。がんばります。

  •  雨 杜和orアメたぬき様。近況ノートにコメント頂きありがとうございます。
     今の私は一話の文字数が長いとコメント書けないので、短めの作品を読んでいます。長い場合はコメントは控えています。と言うか控えるしかないのですが💧

     昨日今日とコメントを書かせて頂いた作品は一話の文字数が少なめなので、コメントを書く時間がとれたのです。

     そして、お気遣い、ご心配頂き誠にありがとうございます<(_ _*)>
     
     今までよりずっとゆっくりマイペースどころかペースをかなり落としています。でも、まだ油断は出来ないので気をつけて行きます。

     こちらこそありがとうございます<(_ _*)>

  • 【Dr.stopで活動縮小方向へ】水守さま
    こちらまで、ありがとうございます。どうぞお大事になさってくださいね。

  • アメさん,ごめんね、婚姻届出すのに戸籍謄本も必要なんだね。
    自分も出したはずなのに、遠い昔のこと、おぼえてませんでした。
    アメさんの説明で全くクリアになりました。
    ありがとうございました。

  • アメさーん、ご説明に上がりました〜♡
    あのワセリンはですね、もともとはわたしが以前に深夜限定公開していた『猥談部屋』っていう雑談エッセイみたいなやつで、わたしが下ネタ書いたのが原因なんですよ。笑
    尻には市販の女性用潤滑剤よりもワセリンのほうが便利ですよって。
    そしたらそれをゆうすけさんがとっても気に入ってくださって、まさかの去年のカクコン作品で大々的にネタに使ったんです。笑
    ゆうすけさんあの通りの大御所なので、おかげですっかりワセリンが有名になってしまって、あ、いつも付属されてる歯ブラシは、ゆうすけさんのノリです(*´ω`*)
    それからみんなでやったリレー小説にまで出てきちゃって、今回のピンポン小説にも出てきてるという、完全なる内輪ネタです。笑

    あ、このコメントもしアレだったら、さくっと削除してもらって構いませんので〜(*´∀`)
    取り敢えずワセリンについてはこんな感じでーす•̀.̫•́✧

  • 夏緒さん、ありがとう、納得です。

  • アメさん、作り手の苦労も考えずに勝手なことを書いてしまって本当にごめんなさいです。
    あれは短編だから見事に書けるのでしょうね。
    私が思ったのは、アメさんが、プロになられるなら、ああいうのをここに発表せずに、「オール読物」とかに応募するのもいいかなあという発想から、あんなことを書いてしまったんです。
    あれが長編だったら、どこにでも応募できるなぁとか。
    だから、私の勝手な妄想なので、どうか気になさらないで,重圧にも感じないでください。
    重圧に感じそうだったら、先程の書き込み削除しますので,おっしゃってください。

    ただ、私はああいうのをここに発表して終わりにするのはもったいないと感じます。
    もし書かれたら、まずどこかに応募されてはいかがでしょう?
    募集要項の枚数に合わせて書いて。

  • 北日本文学賞というのがありまして、募集枚数は30枚です。
    そういうお気持ちがないなら、余計なことを書いて本当にごめんなさいです。

  • すごいですねー。
    公募のものは、未発表作品に限るというのが多いので、まずはどこかに応募されて、万一落ちたらこちらに発表されてはいかがでしょう?
    アメさんの才能は、公募にチャレンジしてみないともったいないと感じます。
    余計なお節介、ごめんなさい。

  • レネさん
    ありがとうございました。

  • アメさん、ごめんね。

    ちょっと私生活で変化が大きくて、きのう読みに行けなかった。
    きょうもちょっといけるかどうか・・・。

    でも、リリックがもし更新された時は、どんなことがあっても行くからね。
    ごめんね。

  • アメ様

    「無能四男」にレビューありがとうございます。
    過大なお褒めの言葉を頂き恐縮です。
    平常運転に戻った作品なので、前作と比べると色々と凸凹が目立つと自分では思ってます。

    引き続きご愛顧のほどを。

  • こちらから失礼します。

    拙作「夏が燻る」へのお星さま、ありがとうございます。
    まだ前半しか投稿していない状態で、このような評価をいただいて、まことに嬉しい限りです。

    ありがとうございました。

  • 四谷軒さま
    とんでもありません、素敵な物語、応援しております。

  • おはようございます!

    えっ、どの公募!
    一次通ったの。見に行くー

    よかったね。まずは、一次からコツコツとですよ!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン