ターナー兄弟と霧の森の王を読んでいただき、ありがとうございます。本作品が初投稿作品になりますので、どうか温かい目で見守って頂ければ幸いです。
 さて本作品の紹介なのですが、そもそもこのターナー兄弟は別に構想を練っていた作品【ブルーレコーズ】を書いているうちに思いついたアイデアが思ったより膨らんだので、一つの作品として独立させたものでした。コンセプトとしては「割と序盤に退場するけど、最終決戦とかで主人公の回想に出てくる登場キャラを主人公にして掘り下げてみた!」というものです。なので作品自体が外伝的立ち位置であるのは否めませんが、視点を変えて見ればドラゴンボールもクリリンの外伝とも言えるので、そんなことは気にせず兎に完結まで目指そうと思います。
 ※この作品は『ターナー兄弟と霧の森の王』というタイトルですが、本来この作品はシリーズとして展開するのを前提として考えたので、まだまだ序章も序章です。なのでヒロインやメインシリーズとの絡みが出てくるのは自作品以降になりますのでどうぞ宜しくお願いします。