ようやく三月になり、春めいてきました。

 カクヨムで書いていらっしゃったり、読んで頂いている皆様向けの新作を黙々と書いております。もっとも書いては「ボツだー!」と、ゴミ箱にダンクシュートしたり「私好みの作風じゃねえ」と、やはりPCのゴミ箱に放り込む毎日です。

 私はどちらかと言えば、タイトルを決めてから中身を書く人間なので。そのタイトルがしっくり来ないと内容もグダグダになってしまう。タイトルが降りてきた瞬間から、キーボードを打つスピードが一気に上がるという感じ。

 正直、難産です。当世風のタイトルとなると、何だか捻りがない様に感じてしまい、一方でシンプルなタイトルに寄せようと思えばハードルがグッと上がります。

 タイトル(題名)起承転結。特に、起と結が大事です。これは紙の本の話になってしまいますが、大抵の人は立ち読みの時に始めと終わりをつまんで読むんですね。始まりがあって、終わりがある。間の出来事は、割とどうでも良いと言うと語弊がありますが。どうとでもなる。

 中々創作の神様が降りてこない。久しぶりの感覚です。それでも、掌編だけでも三月中に皆様にお届けしたいと考えています。楽しみに待っていてくださいね。