新章投稿しました。ミノ視点の話です。章タイトルは『演劇部のフーダニット』。いいタイトルが思いつかなかったので有栖川有栖の『高原のフーダニット』からパク……ではなくオマージュしました。

ハウダニット、ロジックもの、ダイイングメッセージものときて今回はフーダニットです。この話は書くのが非常に難航しました。というのも、最後の犯人の絞り込みのロジックに馬鹿でかい大穴が空いていることに解決編を書いてる途中で気づいたからです。何でこんなことに気づかなかったんだ! というくらいの大穴でした。何なら作中で登場人物がそのロジックを否定する発言をしていたくらいです。本当に何やってんだって感じでした。

色々と改善したりするのに時間がかかってしまいました。もしかしたらどこかにまだ穴があるかもしれませんが何度も読み返した限り、とりあえず自分が納得できたのでいいかな、と思い現在に至ります。