舞台は写真スタジオですが、写真ははっきり言わなくとも素人です。この作品を書いている時はカメラさえ持っていませんでした。ですからエラそうに書いている技術的なことはすべて空想です。

 写真を題材とした作品はいくつか書いていますが、書いているうちにカメラが欲しくなり、ついに買ってしまいました。

 カメラもピンキリなのですが、個人的な趣味でハイキングがあり、そこで使えるカメラであることが主題です。山を登る時に首からぶら下げるのは嫌で、ウエスト・ポーチに入るサイズが基準で探しました。

 ところがカメラ用のウエスト・ポーチはコンデジぐらいを目的としているものが殆どで、ミラーレス以上になるとリュックやバッグになってしまうのです。

 さんざん探し回って小型のミラーレスなら入るウエスト・ポーチを見つけたのですが、そこに入るミラーレスのサイズも限定されてしまたのは笑いました。

 さらにハイキングに持っていくには大きすぎるのですが、買ったからには使わないともったいないので、無理やり使ってます。肝心の写真の質ですが、正直なところスマホを上回っているとは言えません。

 まあ、ミラーレスで撮っているので知らない人が見れば本格派と思われているぐらいで満足しています。