カクヨムのみなさん、明けましておめでとうございます。
2018年も、書いて読んで、よろしくお願いします。

年末年始は酷い風邪で、正月らしい事は何もできずにひたすら読書をしておりました。
まぁ、どのみち引きこもって読書するつもりで図書館から大量に本を借りていた訳ですが。

読んだ本はこちら。

・東野 圭吾「容疑者Xの献身」
・浅田 次郎「一路」
・伊坂 幸太郎「AX」
・湊 かなえ「夜行観覧車」
・高村 薫「リヴィエラを撃て」
・乙一「ZOO」
・桜木 紫乃「氷の轍」

やっぱり紙の本って良いですねぇ。
絶望的にかさばるけど・・・

さて、私はパソコンのメモ帳で小説の下書きをしているんですが、先日「FOREST」の後編を別の文書で上書きしてしまい、4,000字が全て消えました。

正直、「いつかやるだろうなー」と思ってたんですが、新年早々やらかしました。

とりあえず、寝ます。

7件のコメント

  • コメントも面白いぞ(笑)

    こんばんは✨
    先日はのりのバーコード小説にレビューと★ありがとうです✨
    多分のりの書いた作品読むたびに『何やこいつは』思われてるやろうけど、そう思われて光栄やったりします。

    のりの破天荒な小説に感想とかレビューして頂ける方は凄い勇気のある方や思ってます。
    これからもこの調子で……暴走スタイルで書くつもりですのでよろしくお願いしますー✨

  • あ。水着なジェラシー小説にもレビューと★ありがとうですー。

    あの小説は、その内書き直すつもり✨
    主人公の心情をもっと強く入れよう思ってます。
    やので、あの作品の宣伝はあまりしとらんかったんやけど、読んで下さって嬉しかったです!
    書きかえた時はツイッターと近況ノートに載せますので、また読みに来ていただけると嬉しいです。

  • >山本のりさん、こんばんは。

    バーコード小説って。(笑)
    確かに中盤から「バーコード」の出現率がハンパない。(謎)

    とにかくページを開けば異世界だ勇者だ魔王だ美少女だハーレムだチートだ・・・
    このような作品が多い中、山本のりさんのような作家がいる事に、心底ホッとしております。(マジで)

    「何やこいつは」なんて思っていませんよ。
    間違いなく「大変です!変態!です(゚∀゚)」と確信しております。(蹴)

    「水着なジェラシー小説」は、他の作品とはちょっと変わった真面目路線で、結構気に入ってます。

    改稿したら、また読ませて頂きます。

  • 八ヶ岳南アルプスさま、どうも初めまして!

    高尾つばき、と申します。

    ご多忙な中、「二十歳のおばあちゃんへ」をご覧くださり、またお★さまにレビューまでいただきまして誠にありがとうございます!

    わたくしも、浅田次郎先生の大ファンでございます♡
    「一路」はとてもよございました。

    御礼はまたあらためまして、つばきの近況ノートにて申し上げます。

    今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます♫

  • >高尾つばきさん、こんばんは。

    コメントありがとうございます。
    心が温かくなる、良い作品でした。

    浅田 次郎と高村 薫の作品は高校の時から読んでいて、最近また読み返しています。
    やっぱりプロの書く文章は違いますねぇ。

    こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

  • 八ヶ岳南アルプスさま、はじめまして。

    拙い詩に評価とレビューをありがとうございました。
    励みになりました(^^

    「一路」は救い手が登場する度に泣きました。それとお殿様が山路を駆けおりるシーンが好きです。

    とりあえず御礼まで申し上げます。

  • >来冬 邦子さん、こんばんは。

    3.11、いろいろと思うところがあります。
    でも、未来に希望を持ち続けたいですね。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン