拙作「ジャクリーンの腕」(https://kakuyomu.jp/works/1177354054887761459)のコミカライズが掲載されている、コミックフラッパー10月号が本日発売でした。カクヨムWeb短編小説賞受賞の賞品としてのコミカライズですね。

私の手元にはまだ届いてない段階で宣伝しちゃっているのですが、ネームを見せていただいた感じ、小説の描写からよくここまで広げてくださった&拾ってくださった……! と感動しきりでした。
誌面に掲載されている完成版はきっとさらに! と私自身が楽しみにしております。
義肢のピアニストを巡る掌編、近い未来にあるかもしれない機械と人の関係を描いたSFヒューマンドラマです。コミカライズも原作もこの機会にどうぞお手に取ってくださいませ。



また、「雪の女王は戦馬と駆ける」(https://kakuyomu.jp/works/1177354054890976093)という長編を連載開始しました。
魔法要素なしの異世界ファンタジー、回ごとに視点人物が変わる群像劇形式で架空の国々の争いを描く作品です。ゲームオブスローンズ的な、と言えばとても分かりやすいでしょうか。

国を滅ぼされた王女は、敵国に人質として捕らわれる。復讐を誓いながらも彼女自身に力はなく、周囲の思惑に翻弄されるばかり。そんな中、彼女が見出した戦う道とは――

というような、ハードモードな感じで展開していきます。陰謀あり愛憎ありで様々な立場や思惑の登場人物たちが織り成すドラマをお届けしたいです。
小説家になろうにて完結済の作品の転載なので、当面隔日更新でお送りします。盛り上がるところでは毎日更新にしたりなど、ある程度は臨機応変に。約200万字のボリュームに、完結が約束されていますので、日々のスパイスに(?)お付き合いいただけると幸いです。