『木曜日』がついに2000PV突破しました!ありがとうございます!

昨日もトップページで「注目」作品に選ばれたりと、本当にありがたい限りでございます。日頃から拙作をご愛読してくださる読者の皆様にも、改めてお礼申し上げます。

さて、物語自体はいよいよ終盤に差し掛かってまいりました。ここで二点、重要なお知らせを。

①これまで本作は「全21話」と申し上げてきましたが、数話ほど増量するかもしれません。というのも、現在の最新章「ユリシーズ04 ナシャーリャの虐殺」以降は、

「雪菜04」→「ユリシーズ05」→「雪菜05」→「エピローグ」→「あとがき」

となる予定であり、「雪菜04」以降は一章あたり一話にする想定でおりましたが、分量次第では一章あたり二話になる可能性が出てきたからです。

②FSA幹部の通り名を「コードトーカー」から「バリハルド」に変更しました。それに伴い、本文中の該当箇所及び一部の章題も変更しました。

もともと「コード(暗号)」という言葉を比喩的に用いるつもりで命名した通り名でしたが、読者様の解釈に混乱が生じかねないこと、「バリハルド」の方がより効果的に伏線回収できることからこのような措置を取らせていただきました。

お知らせは以上です。
今後も『木曜日』の応援、どうぞ宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

3件のコメント

  • おめでとうございます(⌒▽⌒)
    これからもますますの発展を願っております!

    ところでユリシーズさんはなぜ、BBシステムを通して統一言語神に脳みそを乗っ取られないのでしょうか?

    一千年以上昔から、先祖代々、旧約聖書の詩篇91を暗唱してきたからでしょうか?(絶対違う)

    たとい千人はあなたの傍らに倒れ、万人はあなたの右に倒れても、
    その災いはあなたに近づくことはない
    (詩篇91より)

    聖書新解釈運動ニューソートでは、この言葉の力は、普遍的で選り好みをせず、非キリスト教徒でも守ってくれるそうです(⌒▽⌒)

    ではこれからも応援しております!

  • いつも応援してくださりありがとうございます( ^ω^ )

    うーむ、、主人公補正だと答えたいところですが、流石にそれでは怒られてしまいそうですね(^◇^;)。ただ、視点人物が行動不能になると一人称の物語を進めることができなくなってしまうから、という事情はあります。。(桜さんの解釈も中々興味深いものばかりですけどね笑)

  • 人形使いさん、ありがとうございます。
    私の小説も、きっと突っ込みどころはたくさんあると思いますが、いろいろ言ってしまってすみません。
    この小説の、「言葉の力」というモチーフに最高に惹きつけられました。
    人形使いさんのSFはとても面白いので、これからも応援しています('◇')ゞ

    目指せ、書籍化&アニメ化またはコミカライズ!(≧▽≦)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン