Fラン剣士を読んで頂いてありがとうございました。

 初めて追放モノのファンタジーに挑戦したのですが、とても楽しく書かせていただきました。
 物語はここで終わりですが、書いているうちに最後のらへんに書いたお話の構成が自然に浮かび上がってきました。
 これを御蔵入りにするのはもったいないと感じたので時間が出来次第、書きたいと思います!

 なので、小説設定としてはひとまず完結しますが、再会した際にはこちらの続きから描いていきたいと思います。
 続き待ってるぜ! という方がいらっしゃいましたらフォローをして待っていただけますと嬉しいです。

 また、現在ほかの新作だったり、星レガの新章も準備中でございます!

 首を長くしてお待ちいただけますと嬉しいです。
 
 再度、ここまで読んでくれた皆様に感謝とお礼を申し上げます。

 一場パキラ