みなさん、お疲れさまです。
お世話になっております、朽木です。

宣言どおり、拙作『桜の朽木に虫の這うこと』を、講談社様のメフィスト賞へ応募いたしました。
出版社様が主催する公募賞への、小説での応募はこれが初めてですので、とても緊張しています。

しかしながら、人事は尽くしたので、あとは天命を待つだけですね。
結果がどうなるか、その内容のいかんに関わらず、非常に楽しみです。

本音を言えば、報告するのなら、よい内容にこしたことはないのですけれども。
よい報告ができることを、祈念しております。

それでは失礼いたします。

4件のコメント

  • こんにちは(*´-`*)
    ふぉぉ!公募ですか!緊張しますね!
    結果、緊張しつつ、楽しみですね(◍´ꇴ`◍)✨



    朽木桜斎さまにはいつも、たくさん、うざいほど投稿している中、どの作品にも来ていただけてとても嬉しく、活力になっております。ありがとうございます♪♪
    そこで、ご報告がございます。
    この度『続・ふたつの世界を生きる。』
    800PV目を踏んでいただきありがとうございます。そして、おめでとうございます♪*゚

  • 円周率さん、ご返信をありがとうございます。
    自分の近況ノートでの回答を失礼します。

    うーん、自分としては、最新の数学の研究を理解したいというのが一番です。
    自分は工学部だったのですが、使うのはいわゆる「物理数学」ですので、「純粋数学」には尊敬の眼差しがありました(汗)

    ガロアやアーベルの辺りからが、知りたいですね。
    証明は苦手ですが(汗)

    トポロジーだとか、群環体論だとか、コンパクト? 知識として得たいことは、山のようにありますね。

    あと、線形代数は苦手だったのですが、テンソルとかも理解したいですね。
    注文が多くてすみません(^^;

  • おすすめ、ありがとうございます!

    しょう華房の本なのですね。
    学生時代、お世話になった出版社の一つです。

    抽象論への橋渡し的なことを書いてありますね。
    整数論への接続……むむ、燃えてきます(汗)

    ちょっとお財布と相談してみます(^^;
    わからないことがあったら、またお邪魔しますですm(_ _)m

  • 朽木桜斎様

    お疲れ様でございますm(__)m こちらからも、お邪魔いたします。
    私こそ、朽木様には素敵なレビューを頂いております。
    感謝の気持ちで、いっぱいです。
    『繊細なようでいて、その内部には、ほとばしるような熱情』
    「白百合の病」へのレビューには、今も励まされています!

    切り捨てたほうが生きていくうえでラクなのかもしれませんが、思索は、きっと糧ですよね。
    かつて作曲家が苦難を乗り越えるために曲を書いた心で、朽木さんは思索を綴られる……勝手ながら、そう思えるのです。
    冬の到来です。お身体ご自愛くださいませ。失礼いたしました。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン