私はかねがね出来るだけ軽い文体で作品を描きたいなと思っていました。しかし、いつも重い感じの話が多く、文体もそれに比して重い感じになりがちなのですが、ここで一つ今までのスタイルを転換して、新境地を開いていきたいと思います。
色んなジャンルに挑戦していきたいと思っていたので、純文学やホラー、恋愛モノ以外のジャンルも書いていこうと思います。