色々考えたんですけど、とりあえず、自分の作品を見つめ直してみようと思います。昔の自分が書いただけあって色々おかしいですからね、あの作品。だから基本的な目的は「改稿」です。でも目的は他にあります。
どうしてかわからないのですが、あの作品他の作品と比べてよく評価されていたのです。そこの理由をしっかり調べて納得したいのです。
新作、連載中のものも可能な限り続けていきます。開講が終わったらまた公開していきますので、その際はよろしくお願いします。

非公開自体は、一度自分で全て読み直して、改稿の概要が決まってからにします。

では、また。

39件のコメント

  • 大臣さま

    そうかー……。
    大臣さまは、とことん作家なんだな。
    興味関心が「自分の内面」にむかう感じがします。
    向き合うのかー。
    つらいと思います。
    今まで抱いていた大切なもの、感性、願い、幸福。
    それらすべてを否定し、失うかもしれない。
    だから、わたくしは向き合わない。
    評価されてもされなくても。
    だけど、厳しさと、せちがらさばっかりじゃないから。
    信じて……ご自分を信じるのはあなたの役目だから。
    大事なものを失って、泣くことがあっても、また得るものはありますよ。
    少なくとも、泣けるのは人間の特権ですからね。
    逆に「これ、やっぱりいいじゃないか!」って再発見! っていうことが、改めてあなたを強くするかもしれない。わたくしにとっては、
    そちらの方がいいと思いますけれども。
    自信をもって、また公開に踏み切ったなら、また教えてくださいね。
    待ってます。






    水木レナ

  • 大臣さま

    上の方でわたくし、なんだかえらそうなこと、言ってますね。
    恐縮です。

    エッセイに応援をありがとうございます。






    水木レナ

  • いえいえ。偉そうなんかじゃないです。めちゃくちゃ励みになりました。今必死に自信を身につけてるところなので、もう少し待っててください。

  • 大臣さま

    『若き隠遁者の詩』に応援をありがとうございます!

    あのねのね。
    ツイッターしてたら、ぜひ『フィンディル』さんを検索してみて。
    そして、『フィンディル感想~一生ものの感想~』を受けたカクヨムの方たちに尋ねるなどして、もし、いい感触を得たら、短編を応募するといいよ。
    1万文字以内の短編に2万文字の感想をくれる方だ。
    対応も丁寧だし、全霊で感想くれるのに、今はタダだって。
    いいところも疑問なところも、思わぬところにも視点をあてて、感動させてくれるから。
    今のところ、フィン感(と、噂されている)を受けておられるのは、えーきちさんと蜜柑桜さんとF。氏と、あと誰だっけな。
    カクヨムのノートで紹介していたりするから、まずはえーきちさん、ゆうすけさんあたりに接触を図るか、ツイッターでそのフィン感を読んで触れてみるか、カクヨムにノートで交流を受け付けているフィンディルさんにアクセスするなどしてみては?
    どうするかは、
    あなた次第。
    フィンディルさんも、けっして押しつけたりはしないはずだ。
    あらゆる意味で、大人な人なんだ。






    水木レナ

  • コメントありがとうございます。フィンデルさんのところにはすでに持ち込みを行いました。しかし募集をもう締め切ってしまっているとのことでしたので断念です。ご紹介してくださってありがとうございます。

  • 大臣さま

    ああ、そいつは知らなかったな。
    でも、5月ちょっと入ったところからの予定で、伸びてはいるけれど今後は常時受け付けになるそうだよ。
    今は応募を受け付けていないって。
    でも、きっともうすぐだって思ったんだ!

    それで、持ち込みをなさったのは、どういう作品? カクヨムの人も知ってる?
    今ヨムできる状態?






    水木レナ

  • 「かくしてこの街に星は流れた」を持ち込みさせていただきましたね。すでに投稿済みのやつです。

  • 大臣さま

    その印象深いタイトルは、覚えがある気がします。
    気のせいかもしれませんから、また覗かせていただきます。


    フィン感は、応募を受け付けたけれども、選考に至らなかった作品は、また次回応募受付してくださるそうですよ。
    性急に答えを出さない方がいいのではないかなあ。






    水木レナ

  • 大臣さま

    「かくしてこの街に星は流れた」って、スピンオフか改稿版ですか? 見覚えのある文章を見かけて、で、この世界観はあれだなって思うところはあったのですが、確証が持てないのです。






    水木レナ

  • スピンオフというわけではなく連作短編といった感じでしょうか……村野学院地学部のタグで一括管理してます。

  • 大臣さま

    あ、それで……(納得)。

    ところで、つかぬ事をうかがいますが。
    フィンディルさんの感想について、期待するところはあるんですか?






    10
    水木レナ

  • 大臣さま

    覚えがあると思っていたら、同じところで興奮しますた。

    ピンチに立ち上がる一年生を見て、主人公が共に向かうところとか。
    時間を稼ぐ間にプロジェクターを直さねばならないとか、ハラハラドキドキでした。
    一生懸命書いているのに、なかなか日の目を見ないという人は
    あなたのように熟練の書き手の反応を見る、それか半分くらい盛って書くくらいでないと日の目を見ないかもしれません(わたくしのことです)。

    書き加えておきましたが、脱字が見られましたので、報告しておきました。
    あいまっては相俟ってと書きます。
    熟練の人でも、すごく間違えると聞くので憶えておくと鼻高。
    ではでは。





    10
    水木レナ

  • 大臣さま

    大臣さん……フィンディルさんはね、待ってらっしゃるよ。

    プロの感想書きの人が、自分で売りこみになんてこられないの、わかるでしょう?
    「あなたの作品に感想付けます」
    っていって押しかけたら、新手のサギか押し売りみたいじゃないの。
    だからね、
    あなたの応募を「お待ちしています」って、ちゃんとわたくし、聞いてきたの。
    以前のことは過去よ。
    フィンディルさんは、まだあなたの作品を知らない。
    その才能のきらめきを、示すときなんだと思うよ。わたくしのことが信じられなくても、フィンディルさんは信じられると思わない……?
    信じて、フィンディルさんのノートを訪ねてごらん。
    なくしたものが帰ってくる。
    不死鳥は涙を流す。
    傷は癒える。
    ふと気がつくと、世界のなにもかもが変わって見える。
    うまくはいえないけれど、今が「変革」の時なんだ。わたくしもただ待つのは不誠実だと思ってね。
    ちょっと無理をしたんだ……。
    でも、いい知らせをできそうで、うれしいんだ。
    フィンディルさんは、もし、今でも
    あなたが応募したい気持ちがあるのなら、待っている、と。
    おっしゃってくださったんですよ。
    以前は本当にタイミングがよくなかっただけ。こんなわたくしだけど、
    大臣さんが「宣伝をしたら」どうだといってくれた時、この方は読まれないつらさをわかってくれるんだなと思った。そのうえで、わたくしに
    行動するようにいってくれたんだと思えた。だけど、わたくしは
    元来自分のために積極的には動けない。わたくしが幸せになれば、他の誰かが幸せでなくなるような気がしてたから。諦めていたから。
    あなたは諦めちゃいけないし、諦めてなんかいないよね? 今もどうやって作品を輝かせようか、企んでるはずだ。
    「かくしてこの街に星は流れた」はきっと素敵なメッセージをのせてフィンディルさんに届くし、それは鏡のようにあなたに返ってきますって。
    自分本来の姿に、なれるんだよ! それはすばらしいこと。
    うらやましくてならないよ。
    チャンスを、ものにして! これが、わたくしからの、
    あなたへのご恩返しだよ。
    フィンディルさんを待たせていることを、忘れないで。
    応募受付が始まったらでは、多分順番待ちが激しくなると思う。
    今のうちに、顔だけでも出しておいた方がいいよ。
    またきます。





    水木レナ

  • 恩返しだなんてそんなこと……僕は何もできていませんよ。ホント。もっと頑張らなきゃいけないのに、頑張れない。そんな自分に憤っても、何もできない。ほんと、最悪です……。

    フィンデルさんの件、お知らせしていただきありがとうございます。ちょっと覗きに行ってみますね。

  • 大臣さま

    メッセージをありがとう。
    ひさびさに
    大臣さまのお声を聴けた気持ちがするなあ。
    でも。
    覗くだけじゃだめー。
    ちゃんと、フィンディルさんに(フィンデルさんじゃないよ、フィンディルさん。わたくしも、以前まちがえてツイートしちゃったけれども)ご挨拶して。
    あなたはできる方でしょう?^O^
    相手の懐に飛び込むのは得意だったでしょう? 猟師も、懐に飛び込んできた小鳥を殺さないっていうじゃないの。
    ねっ?
    フィン感も、感想を受け付けるかどうかは、その時についてきたコメントも考慮するって、注意書きにあったし。
    「彼は決して失礼は働きません」って、太鼓判押してきちゃったわ。
    だって、そう思ったんだもの。
    信じてるから。
    フィンディルさんが、どう返答しようと、
    あなたはあなたの礼節を崩してはいけないわ。
    フィン感を味方につけて、はばたいて!

  • 大臣さま

    聞きました――!
    フィンディルさんから、応募の意思があることを、コメント受けとりましたって!
    フィンディルさんたら、ご冗談までそえて、きっと心安くていらっしゃるんだわ。
    ああ、うれしい――。
    大臣さん、誤字脱字の指摘をされるのは、フィン感を味方につけたとは言えませんよ。
    もう、直されましたか? 見にいきますよ――? あれさえなかったら、基礎的な指摘だけで終了なんてありえないのだから!
    数万文字の、一生ものの感想がもらえる――うっらやましいなあぁー!
    がーんばれ! 
    大臣さーん! ふぁいとー!





    10
    水木レナ

  • 直しましたー!

  • まあまだ開催期間ようではないようですので、ゆっくりお茶でも飲みながら待つことにします。ありがとうございました。

  • 大臣さま

    あのね、余計なことだったらいけないと思ったんだけれど、わたくし、フィン感の過去ログを読み始めたの。
    あのね、フィンディルさん、名前のルビが初出のときについてないと、「後からつけるのは」なんだか順番としておかしい、と思われるそうでした。

    一話目のセリフ

    >「そういえば、河埜。

    こうの、って読むんだよね。初出で読めなくてググったけれど、初出の名前には一応、ルビを振った方が無難だと思うー。
    細かくてごめんねー。
    大臣さんを思うが故なのよ……。

    あのさ、
    大臣さんの高校って……本当にダチョウを飼ってるの? それってすごーい!
    実話ベースっていう強みだよぉ! 断然、インパクト大!!!

    あ、そうだ。
    河埜くんがプログラムを点検し終えて、ため息をつくじゃない?
    あれさ、わざわざセリフとして書くんなら、地の文にため息したこと書かなくても大丈夫かもよ? わかんないけども。
    言う、言った、という言葉をセリフと地の文両方で表現してあるのを、フィンディルさんは拙いっておっしゃってたのね。
    だから、どうかなって。
    だからといって、フィンディルさんが「こう変えた方が良い」とかいうのは、感想人の小説になってしまうって意味のことを書かれてたから……。
    ちょっち、注意して、違う表現を探してみてはどうだろうか? わからないけど!





    8(=^・^=)
    水木レナ

  • 僕の学校にはダチョウはいませんよ。でもいる学校はあるらしいです。訂正、検討してみます。

  • お久し振りです。
    水木様から大臣様の名前が出ててビックリ。
    フィン感が〆切られていたって話は大臣様だったんですね。
    今度はキロール様の感想がアップされますね。
    楽しみです。
    大臣様の感想も楽しみにしてますからね!

  • えーきちさん。お久しぶりです。
    そうなんですよね。「よさそうだなぁ」と意気揚々と行ってみたらちょい前に締め切ってたんですよね。

    キロールさんの感想かぁどうなるんだろう。僕も楽しみです。

  • キロ様の感想が終わったら随時受付けになるので基本、〆切りはなくなると思いますよ。まぁ、大臣様の短編なら心配ないでしょう。
    あ、受付ね。指摘はめっちゃくると思いますけど(笑

  • ぐっ……指摘は覚悟の上です!あと短編は既出のやつを投げるので締め切りは問題ないと思います(笑)

  • 大臣さま

    フィンディルさんは本気の指摘をくれるけど、本気の褒めもくれるよ!
    指摘されるのを覚悟するのもいいけれど、褒めポイントを増やすのも大事!
    はい、かたくならなーい。
    リラーックス!






    水木レナ

  • ときどきは、お返事して……?

  • 大臣さま

    キロールさまあてのフィン感ご覧になりましたか?
    前半がもう……感動的で胸がいっぱいになって、顔をくちゃくちゃにしながら、涙ぐんで拝読しました!

    キロールさんへの評価ではなかったけれども。←
    ドキドキしちゃいましたー。
    ではまた――。






    水木レナ

  • すみません。ちょっとドタバタしてて…

  • キロールさんの感想はまだ読めてないです。塾が終わった後にでも読んでみるつもりです。

  • 大臣さま

    お茶飲んでるんじゃなかったのか;
    青春はドタバタしてるもんよね。

    塾へ行かれてるのね! わかったわー^^






    水木レナ

  • フィン感、募集してますよ。

  • マジかっ!
    教えていただきありがとうございます!(ぽちぽちと訪問してまだかなー?とはやっていた)行くぞー!

  • なるほど常時受付に変わったのですね。
    ふむ……ならば計画変更です。
    実はもともと投下する予定だった作品のほかに投下したかった作品があったんですけど、忙しくて書けてなかったので候補から外していました。
    ですが常時受付となったなら……何か変わるかもしれない。
    これから朝まで二度寝しますが、起きたら少し頑張って書いてみて、完結させることができたらそっちを投げることにします!

  • 大臣様の作品も楽しみにしてますよ!

  • 大臣さま

    いーなーいーなー。
    えーきちさんに、フィン感のお知らせもらったのも、まだまだ弾数あるぞーっていうところも。わたくしだって、才能欲しいー!





    水木レナ

  • いえいえ、結局予定通りの作品になったので(笑)

  • 大臣さま

    ちら(現役高校生って、そんなにネタがあるのかしら)ちらちら






    水木レナ

  •  大臣さん。

    『MF文庫J「頭脳系ラノベフェス~知略&ハッタリ系主人公募集~」結果発表!』https://kakuyomu.jp/info/entry/mfbunko_zunofes_result

     にて、『正義の味方と僕』について触れられていますよ。

  • 本当だ……めちゃくちゃ驚きました。まさか引っかかるだなんて思っていなかった。というか引っ込めたにもかかわらず触れられるなんて……。教えてくださりありがとうございます!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン