さてカクヨムコンもけっこう日が経ってモヤモヤしている皆様も調子よくカッ飛ばしている皆様もいるのではないでしょうか。三ツ葉です。

本日も「ストリークボーナスで拓く異世界フロンティア」第16話を更新いたしました。いきなり予想を裏切ってゆくスタイルは私の十八番なので楽しんでいただければ幸いです。

またちょっと遅れて更新し始めた「ことのはの迷宮 ~而して彼女は黒猫と共に文字の淵を渡る~」も徐々に読まれていて嬉しい限りです。

正直ジャンルはホラーでも良かったかな? と思ったのですが、プロット作成当初からSCP財団風にしたいと思っていたので現代ファンタジーとしています。

設定は最近作成した物語の中でもトップクラスに重い出だし。陰鬱ですが、そんな中現れた言葉を話す猫状の穴と迷宮を旅する不思議な冒険をご堪能いただいたら幸いです。

さてこの二本、全くテイストの異なる書き方で書かれています。片方はどちらかというと明るくテンポよく。もう一つは人の内奥を照らし出すような暗い雰囲気。

こういうのも書けるんやで!

……という訳ではないですが、そのテンションのギャップに驚いていただければこれ幸い。

無論ランキングとかに載るのも大切ですけれども、一番は読んでくれる人に品質の良い物を届けて楽しんでもらいたい。そんな感じで書いてるのでよろしくおねがいしますネ!