率直に申し上げれば自分の参加できそうな企画がなかったので新しく作りました(正直者)

ジャンルがファンタジーだからといって子ども向けだと決めつけられるのは辛いものです。しかし、その一方でコンテストの趣旨が単純な冒険ファンタジーを求めるものでないことを我々は知っておくべきでしょう。

あえて主人公が三十歳越えだと限定しているのですから、人生の悲哀や真実がそこには含まれているべきでは…? 個人の考えで恐縮ですが。

私はいつもの『霊能探偵の助手』で参加させて頂きました。
現代に適応した古の妖怪たちと、烏丸恭司探偵事務所のメンバーが対決します。
人情あり、アクションありの現代ドラマ風ファンタジー。
特殊能力を一切持たぬオジサン烏丸恭司と、現役体育大学生の助手 中林青年、そして美少女に化けたオス狸の菊五郎が奮闘します。
妖怪にまつわる伝承から敵を知り、知恵と行動力で道を切り拓け!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887126440

お暇があれば、読んでやって下さい。

企画の期間はとりあえず今月末までとさせて下さい。
参加作品が多ければコンテスト終了時まで延長します。

(追記)
応援、フォロー、評価、ありがとうございました。
皆様の励ましを糧に、今後ともカクヨムを盛り上げられるよう頑張りますので、何卒よろしくお願い致します。
 

4件のコメント

  • こんにちは。
    私の作品で30代越えのファンタジーであるものの、時代設定が未来の為ジャンルSFに収めています。
    ここは厳密に対応した方がよろしいでしょうか。

  • >判家悠久さん

    そうですね、あくまでファンタジー要素なのでSFも入れようかなと迷ったのですが…お祭り企画なので硬いことは言いっこなしです。
    新しくSFもジャンルに入れときますよ!

  • お疲れ様です!
    30歳越えのファンタジーというと、主人公の渋さを求められているのかなあ……なんて思うワタクシ。
    渋かっこいいオッサンを描いてみるかと思いつつ、今出している方も気になるので今回は応援の予定です!

    助手の方も止まってしまっておりまして申し訳ありません!
    追わせていただきますので、もうしばらくお待ちいただければ……!
    ご武運、お祈りしております。

  • >栄織タスクさん

    どうも~タスク様もドラゴンコンテストお疲れ様でした。
    どうも魔王領は作られた蠱毒の壺みたいに見えますねぇ。誰が何の為にこしらえたのか、続きを楽しみにしています。
    タスクさんの作品を読んでいるとバトルの虫が騒ぎますよ~。

    幾つになってもカッコいい人はカッコいいままなんですよね。
    そうしたいぶし銀を主役とするのか、はたまた…? 難しいお題だと思います。今回は作者さんによってまったく違うテーマの作品が集まっているようです。私は、ここまで積み上げてきた事を続けていくのみ。読んでくれた方を裏切る真似は出来ませぬ。

    私にとって勝敗があるとすれば理想通りの作品を描き、それで誰かを喜ばせることが出来たのなら、それが勝利……という事にしておいて下され。
    お暇があれば、読んでやって下さい。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン