この度は私の拙作をフォロー、応援、レビュー、評価、そしてお読み頂きありがとうございました。公開してたったの数日で怒涛の高評価、今となっては作者の方が正直「はわわ」になっています。

この作品がミステリーとして色々とガバガバなのは、書いている作者自身が誰よりも存じております。でもまあ、その方が主人公のキャラクターとマッチしているしそれはそれで良いんじゃない? 当方としてはそう呑気に構えていたのですが。

読者の皆様から評価を頂いたとあれば、何時までも のほほんとしているわけにはいきませんね。
プライベートコンテストは一万字~二万字程度の作品を募集するものですが、そんな都合なんて続きを期待してくれる皆様には何も関係ありません。

残り七千字を有効活用するなり、新作を書くなり方法はあるはずです。月末と月アタマはちと忙しいので今すぐというわけにはいきませんが、この続きは必ず書く事と、安易なバトル展開には逃げない事を此処に約束いたします。

皆様の応援こそが作品の寿命を延ばす最善のもの。
「はわわ」ちゃん共々、深く御礼申し上げます。

D&Dの創始者ゲイリーや他の作品についてはちょっと待って下さいね。
本は先日届いたのですが。その中身が資料というよりは完全に小説、大河ドラマのノリじゃないか。思ってたのと少し違うぞ……?
どうも必要な部分だけを抜き出して終わりというわけにはいかないようです。