まさか初めての企画で140近い作品が集まるとは、自分でもビックリです。
最近カクヨムが色々と様変わりしているのは感じていたので、今回その渦中に飛び込み色々と勉強させてもらいました。感想としては「やってよかった」でしょうか。

作品を更新したってなかなか思うような成果はでない。
まともなレビューなんて書く方が少数派かも。この状況でどうやって新作をアピールするのか?
一番現実的なのは、やっぱり企画でしょうかね。
自作品のみならず多くの作家で参加できるものほど息が長いようです。

今回は「自分で斬新だと思う作品をもってきて」というテーマでしたが、そのお題に恥じぬ名作が数多くありました。これほど素直な気持ちで人の作品を読めたのは、初めてなんじゃないでしょうか。前回の近況ノートで書いたように「読者の視点で作品を見れた」というのが大きな収穫でした。

そして、自分の長所短所はまず気付けるものではありません。コメントで作品の粗を指摘するのは本当に疲れる作業なので。「わからない事は人の作品にきけ」というのがもう一つの収穫でしょうか。
勿論、他人のアイディアをパクれという意味ではありません。その作品の目指す方向性や創作スタイルから自己流の何かを閃く……ぶっちゃければ踏み台・叩き台にして跳べ…と。

自分一人で机に向かっていた所で 斬新なアイディアなど生まれません。
切磋琢磨してこそカクヨム。悩み苦しんだ時は素直な気持ちで人の作品と向かい合ってみるのも良いかもしれませんよ?

重ね重ね、ご参加ありがとうございました。
期間終了後も作品リストは残るので、ちょくちょく暇を見て読みにいきます。
また次のイベントを企画する際は宜しくお願い致します。

2件のコメント

  • ここに書き込むことをお許しください。🙇
    其日暮ノ与太郎っす(`・ω・´)b
    コメントありがとうございます。

    私もイベントを立ち上げた身として
    この近況ノートの内容を肝に銘じて精進したいと思います。

    ……多分……ですけど(>_<)

  • >其日暮ノ与太郎さん

    企画はいざやってみるとプレッシャーがもの凄いですよね…。
    カクヨム中に見られているのかもと考えたら迂闊なことは言えません。
    でも、自分で出来る事をやったらならそれで良いと思うんですけどねぇ。

    作家はみんな違った目的をもっています。
    交流を目的とする方、腕を磨きたい方、ランキングの上を目指し続ける方、プロを目指す方。カクヨムを盛り上げたい方。自分の方針をハッキリさせると楽しくなってくるはずです。

    あっ、いっぱい応援コメント書いちゃいましたが返信は別にいらないッス。
    あれはあくまで本文と会話している形なんで。ではでは~

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン