『傲慢な戦士:偽』、もう少しで10万字。長かった。さて、そんなことよりもです。私、書くの遅くないか? などとは思っても言わないでください。大丈夫です、自覚はあります。とりあえず、群像劇は他のキャラに注意を払わなければならないので、がんばります。
 また、新しいキャラが出て来ましたが、まあ、何とかなるでしょう。