グリムノーツコンテスト、締め切り!終わり!
一服する間も無く、恋愛小説コンテスト開始ィ!!

はい。頑張ります。頑張りますとも。

実は恋愛小説コンテストについては、参加するか結構迷ってたんですよね。
ただ、決定的だったのが、『サラの日記と魔王の娘』のPV数の伸びなさです。
ずっと温めてた「書きたいモノ」ではあるんですが、読者さんの「読みたいモノ」ではないな、と。
僕自身が別段有名なわけでもなし、しかも二次創作だから原作知らないと……と、伸びない理由が二つも重なってるので、消しはしませんが、しばらくはコンテストの方がメインになりますかね。

結局のところ、読んでもらうために書いてるわけですから、読まれない作品をいくつ書いてもそれは自己満足です。これは自分の持論ですし、誰かに押し付けるつもりはありませんが。
コンテストという場は、書くにも読むにも、ついでに読まれるにもいい機会だと思っています。何か新しくコンテストが始まったら、今後も次々と参加するでしょう。




一作目の「アンソロジーの想区」(現在非公開)という黒歴史を経て、僕の作品の書き方は根本的に変わりました。
他のコンテスト参加者さんの作品を読み、その度に自分の浅はかさ、そして足りない部分を恥じ、貪欲に取り入れてきたつもりです。
その結果生まれた「シェインは銃に目がない」は、自分でも満足だと言える作品になっています。未だに、読み直す度にちょくちょく修正したくはなりますが。



自分に足りないものは、他の方の作品から学んでいます。僕が読むときは、読者目線と作者目線が混ざり、なかなか脳内がカオスです。そういう楽しみ方もありますよ。ただし、一度は読者目線のみで読むことをお勧めします。


今後もふらっとお邪魔して、ふらっと去ったり、拙いレビューを残していくことがあると思います。本当はちゃんとしたレビューが書ければいいんですが、作品は感覚で楽しむ人なので、「具体的にどこがいいか」を書くのが苦手なのです。文章構成等の、作者目線のレビューが多いのはそのためです。読者目線は、「いい話だったなぁ」で余韻に浸っているだけなので、レビューにならないのです……




近況ノートというのが初めてで、長くなってしまいましたが。
一言で言えば、「今後もお互い頑張りましょう」ということです。
書き手の皆様、読み手の皆様。あるいは両方の皆様。
それでは、またどこかで。

2件のコメント

  • >まごにゃんこ様

    リフォロー&素敵なレビューありがとうございます!
    まごにゃんこ様の応募作も近々読ませていただこうと思っております。
    先にフォローいただけた方から順にレビューしておりますので、少々お待ち下さいね。
    何卒よろしくお願いいたします(`・ω・´)ゞ

  • >さくらもみじ様

    こちらこそありがとうございます!!
    僕の記憶違いでなければ、アカウントが消える前に既にレビューを頂いていたかもしれません。
    一度読もうと開いたのですが、学が浅いもので、銀河鉄道の夜を知らなかったので、そのまま退却した記憶があります……
    文章力が高く、参考になるところが沢山ある、教科書としても良い作品に出会えたと思っております。本当に、もっと早く読んでおけば良かったです。

    どちらかと言えば相互厨寄りの人間ですが、どうかおしおきせずに仲良くしていただけると嬉しいです!
    ご丁寧にどうもありがとうございます!!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン