自分として考えられる手は打ちたい
だからこそ、こういうのとかああいう手はどうだろうとか考える
それの備忘録的ななにかを書くことにした
気ままに書くんで、あまり期待しないで読んでもらいたい