みりかさんです。1/31にて、カクヨムコン5も受付終了で、現在は読者選考中ですね。
今年初めての流れですね。

ヴァーチュアス・ゴドレス
https://kakuyomu.jp/works/1177354054892443980
につきまして、やはり完結は厳しく、ちょうどぎりぎりのところで、本来予定していたcontinuityシーンを入れて、第一部完となっております。

この物語は「ゲーム」です。従って、色々自由にやれないかな、とこうなりました。
完結派の皆様、ご了承ください……。


さて、2/7まで、お読みくださる皆様へ、これでは中途半端なので、毎日(なるべく)サイドストーリーをお届けしたいな、と思っております。

ゲームには色々な歴史や、種類があります。
今日出て来たのは「アーケイド・ゲーム」レトロなテーブル型ゲームですね。

ハートフルで、ゲームに付随するお話を書いて繋げて、落ち着いたら本編再開第二部ですね。……というのも、わたしの大好きなゲームのこの構成がすっごく楽しいので
見習って、第一部本編に添えるサイドストーリーというのをやってみたかったんです。

ゲーヲタです。
でも、ゲーヲタだって、しっかり生きてるんだよ、親父。

――たくさんの応援、ありがとうございます。もう少々、お付き合いください。
評価なども、宜しかったらお願いいたします。読者さまのターンですよ!好きに読んで、お楽しみくださいな。

2件のコメント

  • こんばんは!

    まずはコンテストお疲れさまでした(^-^)

    今回のコンテストは、端から見ていても異様な光景でした。特にジャンル問題は、シビアに指摘をうけてきた私にとっては、みんな大丈夫?と心配するほどでした。見かねた運営さまにより案内が出ましたが、ジャンルエラーをどう扱うのか全く読めません(^_^;)

    前置きが長くなりましたが、VGOの感想です。

    おそらく読まれた方のほとんどが体験したと思う事象に、『物語に触れる』というのがあります。ちょっと説明し難いのですが、序盤のVR世界へと切り替わった後、奇妙な感覚に陥りました。まるで物語の世界の中で、本当に世界に触れているような感じでした。

    この感覚が何かと驚きつつ、物語を読み進めていく先で見えた答えに二重に驚くという設定には、完全にやられてしまいました。

    全ては明らかにされていませんが、VRの本質と可能性を突きつけたあたりは、相変わらず見事だと思います。水槽の脳、脳死、等々、読みごたえある設定でありながら、しっかりとキャラクターを魅せてくる。これは本気だなと、つくづく思いました。

    今、レビューを考えてます。あの奇妙な感覚に陥った後の展開をどう皆さまに伝えるか、私ながらしっかりと言葉にしたいと思います(^-^)

    他の方のレビューが相変わらず熱いので、負けずに考えますね!

  • 小森さま

    こんばんは(*´▽`*)お久しぶりですね。
    そして、遠慮なくヘビーな話題(;・∀・)ありがとうです。

    コンテストの異様な光景……わたし、当初から警鐘を鳴らしていたのですが、色々な問題がダンゴになって、おっしゃる通り「みんな大丈夫?」と外から見て心配になりました。

    運営さんが動いた時、どれだけほっとしたことか……ジャンルカテゴリーエラーについては、きちんとやって欲しいなあ、と思ってます。
    わたしですか? SF一本でしたからね。ある意味活気がありました(まとめ)

    VGOの感想!有り難いです。正座します。
    せっかくのVRMMO小説なので、ゲーム化小説というものを目指してみました。元々、わたしの作品は「五感を重視する」というルールがあり、今回はそれをフルに使ったのが「視覚」「感覚」の二つですね。それを象徴したのが「水槽の脳説」門奈計磨が語っているユハスと胡桃の関係性とか。

    第一部は「視覚」なので、また第二部は変わるかもです。

    まだまだ明らかには出来ません。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪ 
    そして今回はジェシカのように「特技が突き出た」主人公ではないですが、主人公の「ゲーヲタ重度の感覚超越」、彼女の「感覚超越」……風呂敷を広げるだけ広げて、「ばははーい」と去って行ったとんでもない第一部ですが(;^ω^)ある意味まとまっていますから💦

    レビューもありがとうございます。相変わらず熱いレビュー……本当にありがたいです。奇妙な感覚に陥った?

    ( ..)φ←取材準備www

    そのあたり、是非、お時間のある限りで語ってやってください。いつもながらの優しい温情がコンテストで疲労困憊の身に染みわたります……。

    ほんと、いろいろありすぎ!(;^_^A いつものごとく渦中ではなかったですけど……。一番お疲れ様は、運営さまかもですね( ̄▽ ̄;)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン