こんにちは、鈴木 千明です。

3周年記念選手権も折り返しということで、少し感想や小説について書こうと思います。

まずは、応援やレビューをしていただいた皆々様、誠にありがとうございます!とても嬉しいです!嬉しい!!
なんかお祭りだー、やってみるかー、と軽い気持ちで始めましたところ、とても良い経験になっております。同じお題でこれだけの方々が小説を書くというのは、なかなか無いと思います。そして、600もの小説が1つひとつ違うというのは、やはり創作の面白さだと痛感しています。

では軽く、1日目から5日目までの小説について。

*1日目『梟と鵲と烏と男』
〝フクロウ〟と言われて一番最初に思いついたのは、闇夜に浮かぶ2つの目でした。ということでホラーにしよう、と。鵲は『開目抄』から。(レビューと応援を下さった中に知っている方もいたようで、ちょっと嬉しかった(笑))烏は鵲の天敵ということと、頭の良い鳥たちにしたかったので採用。現代では烏が一番不気味に捉えられるかもしれませんが、日常でよく目にする烏が、日常から転げ落ちそうな〝男〟の最後の逃げ道となっていました。梟の方は、一体誰の〝切り札〟だったのでしょうか。一応、自分の中で決めてはいるのですが、言ってしまうのは無粋ですかね…
他の方の作品を読んで、プラスのイメージが多かったのは意外でした。なぜ自分が怖いイメージを持っていたのかはわかりません。ちなみにフクロウは好きです。フクロウカフェにも行ったことがあります。かわいかった。

*2日目『二番手』
お題にストレートなタイトルですが、どうしても1単語にしたかった。理由は、某オムニバス形式のホラーテレビドラマを想像して書いたからです。グラサンの方がストーリーテラーを務めてらっしゃる番組です(笑)オチが重いので、神様はもうギャグなんじゃないかって勢いで書きました。登場したときは、パァー、ってSEが入ります、ええ。
かなり悩みました。2つくらいボツにした記憶があります。そのうちの1つが恋愛ものだったのですが、他の方のを読んで書かなくて良かったと思いました。あれは恋愛ものじゃない、うん。

*3日目『風が吹けば福来たる』
そんな中やって来たお題〝ラブコメ〟。皆勤賞を諦めようかと思いました。だって書いたことなかったし思いつかんし2日目に軽く挫折したし。なんとか無い発想を振り絞り、やっと出てきたラブコメ…これラブコメか?
しかしながら、今のところ一番評価が高くなっております。驚きです。お題発表のページにあった通り、ラブコメって人気なんですね…それに肖ることになるかもしれません。内容はともかく、タイトルが(自分で言うのも何ですが、)気に入りました。最後につけたのですが、メインキャラの2人の名前を入れたいと思い、これにしました。よくやった、自分(笑)

*4日目『東窓の書斎』
〝紙とペン〟と言われて真っ先に 〝something to write on/with 〟が出てきた時は、なんだか少し虚しい気持ちに…いや、悩まなくて良かったよね、うん。たしか高校受験の時に教わった面白い例文です。和訳は同じですが、最後の前置詞が〝 on 〟だと紙を渡され、〝 with 〟だとペンを渡されます。〝 about 〟は自分で作った英文なので違和感がありますが、そこは少年のセンスということで…って、少年は名のある小説家になる予定なので、ナンセンスを押し付けてはダメですね!ともかく、この言葉遊びを生かしつつ、紙とペンいえばやはり小説、となりました。スマホかPCで打ってますけど(笑)
意外と小説をテーマにしている方が少なかったんですよね。思いつき易いので避けていたのでしょうか?自分は〝 something to write… 〟の呪いにかかっているので仕方なく、はい…

*5日目『ワレモコウの咲き出す頃に』
最も悩んだお題『ルール』。広い、選択肢が広すぎる。とりあえず、ルールを壊すような話にしようと決めて書いてみました。ワレモコウの花、ご存知ですかね?猫じゃらしよりずんぐりした形状で、1つの茎に赤系の小さい花がたくさん咲きます。上の方から順に咲いていく、夏の花です。育て易いので見たことはあると思います。花言葉は…調べてみてください(笑)
まだ他の方の作品を読んでいないのですが、きっと奇想天外な〝ルール〟たちが待っているのであろうと、ワクワクしております。これを書き終えたら読ませていただきます。

ここまでお読みくださり、ありがとうございます!3周年記念選手権も残り5回。いろいろな小説を書き、読める、大変良い機会だと感じております。後半も楽しみです!


2019年3月18日

17件のコメント

  • 鈴木 千明 様

    突然失礼します。

    この度は『ガチョウ戦隊』に☆いただきましてありがとうございました(*´ー`*)

    また時間あるときに、カクヨム選手権作品拝読させていただきます!

    これから頑張って下さい!
    ありがとうございました(*´ー`*)

  • 鈴木千明さん

    『紙とペンと、届かない恋のポエム』に星をくださってありがとうございます。
    KAC4のお題、『紙とペンと〇〇』について考えて、ポエムを書くという発想から、この話は生まれました。
    作中で出てきたあれが、そもそもポエムと言えるのかどうかは分かりませんが、趣味全開で書きました。ありがとうございます!(^^)!

  •  今日は。
     ご作品『ワレモコウの咲き出す頃に』、とても暖かみのあるお話でした。
     それから、この度は私の作品『紙とペンと詐欺師』に星を下さりありがとうございます! 大変光栄です。またとない励みになりました。
     今後ともよろしくお願いいたします。

  • 鈴木 千明さま、おはようございます。

    『紙とペンとプロポーズ!?』『スリル』とも最後までお読みいただき、その上お星さままでとても嬉しく思っています(^_^)v
    苦労がたえないイベントで精一杯のところ、本当に励みになります!
    また千明さまの他の作品も拝読に伺いたいとおもいます。
    ありがとうございました♪

  • 今晩は、一矢射的と申します。
    先程は私の拙作に評価を頂きありがとうございました!

    600作品もあってそれぞれの個性が出ているなんて、考えてみればとても素敵なことですね。鈴木様の手掛けた作品は、それぞれが独立したものでかつ欠日が一切ないというのは凄いことです。
    スケジュール的にはなかなか大変ですが、頑張っていきましょうか~。

  • 『ポエムを書く上での私のルール』に星をくださってありがとうございます。
    KAC5のお題が『ルール』と聞いて、小説を書く上で自分なりのルールを設けている人って多いと思ったのですよ。そこから話を考えていきました。
    この作品では小説ではなくポエムでしたけど、自らルールを設けて執筆活動をしている人は多いのではと思っています!(^^)!

  •  鈴木千明様

     この度は私の作品『 愛と真理』に星をいただきありがとうございます! 私の方こそ跳ね回って喜んでおります。
     今後ともよろしくお願い致します。

  • 鈴木 千明さま

    「正義のルール」に応援とレビューをありがとう存じます。

    お祭りですよね! KAC!! わっしょーい!!!


    水木レナ

  • 鈴木千明さま。

    『もったいないお化け』に応援、レビュー☆ありがとうございます!

    カクヨム3周年記念選手権、盛り上がってますね。
    鈴木さまの作品も気になるお話がたくさんあったので、今後お邪魔させて頂きますね(^-^)

    改めて。
    ありがとうございました!m(_ _)m

  • 『彼がバイトを辞めたくだらない理由』に星をくださってありがとうございます。
    事実は小説より奇なり。本当ならこの作品を伊藤さんに捧げたいところですが、もしかすると怒られるかもしれないので止めておきます(;^_^A

  • 鈴木 千明さま、こんばんは。

    またまた『ルールの授業』にも最後までお読みいただき、その上お星さままでありがとうございました!
    だんだんとお題も難しくなってきて、頭が痛いのですが、引き続きがんばりたいと思います!

  •  おはようございます。
     ご作品『快晴の朝』、とても面白かったです。
     それから、この度は私の作品『バトルスレイブ・ダン』に星をくださりありがとうございます。とても光栄に思います!
     それでは、今後ともよろしくお願い致します。

  • こんにちは、一矢射的です。
    先日は私めの拙作に応援と評価を頂きありがとうございました。

    KAC8の作品、拝見しました。
    心温まる話でしっかりとオチもつき、良かったです。
    あと少しで終わってしまうのですね、嬉しいような寂しいような。
    最後まで頑張りましょうか!

  •  鈴木 千明様

     今日は。
     ご作品『おめでとう星人』、ぞっとする面白さでした!
     それから、この度は私の作品『女神の目覚め』に星を下さりありがとうございます! 大変嬉しく愉快な気持ちです!
     これからもよろしくお願いいたします。

  • 『妹な君』に星をくださってありがとうございます。

    女の子は、本当に一気にきれいになると思います。
    主人公の彼を通して見た、妹みたいな子の成長を感じていただけたら嬉しいです(#^^#)

  • 鈴木千秋さん

    『私を愛してくれなかった両親への、感謝の手紙』と、『最愛の弟に送る『おめでとう』』に星をくださって、ありがとうございます。
    『私を愛してくれなかった両親への、感謝の手紙』好き嫌いが分かれそうな作品で、これで良かったかどうかは自分でも分かりませんけど、挑戦してみたいテーマではありました。
    読んでもらえ嬉しいです。

  •  鈴木千明様

     今日は。
     この度は私の作品『スターコレクターズ』に星を下さりありがとうございます! 大変名誉であり、爽やかになりました。
     これからもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン