実生活がまた嫌になってきました。いつものことです。

時間の小さな空きを探しながら、コツコツとものを書いております。すでに実生活で頭を使っているので、いつも以上に軽いものばかりが出来上がりそうですが、気にしないことにしました。

今書いてるのは A Sketchbook付録「しんしんと。」の続編というか、それと同じ系統のものです。今度は春。

これ以外でも、一つの掌編を書いています。なんてことないお話ですが、これが森悠希節ということにしてください。←



もっといろいろたくさん書きたいのですが、やることはやらないといけないので。今はほどほどにしておきます。