書けた。悔いはなし。
誤字、脱字のチェックはしてみるが……。
読んでくださった方。「応援する」をしてくださった方。「応援コメント」をくださった方。ありがとうございました。
心から感謝いたします。

13件のコメント

  • 『北斗の拳』好きな台詞
    楽しめました。ありがとうございました。
    私のエッセイでこの感動を伝えたいと文章に載せます。
    つきましては勝手に載せるのは失礼かと思いましてご報告させて頂きます、
    なんの宣伝にもならないと思いますが
    どうぞお許しください。
    毎日朝7時に更新しております
    失礼にならない文面に気をつけますのでお願い致しますm(。>__<。)m

  • ありがとうございます。嬉しいです。

  • 砂漠生物さま

    ありがとうございます!!!

    ★が増えたことも凄く嬉しいのですが読んで頂けることが嬉しいのです。

    どの作品も話数が多いのにたくさん読んで頂きありがとうございました。

    これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

    砂漠生物←ペンネームの由来教えてください(笑)

  •  遠い遠い昔に観た、特撮テレビドラマ『ビーファイターカブト』23話に登場するゲストの少年・俊への憧れです。<ネタバレあります>
     もともと彼は、他人から仲間外れにされることが嫌で不良少年らのやりたくもないイタズラに協力する――孤独な少年でした。不良たちから見下されていることを分かっていながら。それでも、彼はそれしかできなかった。
     彼らが敵怪人の毒で入院。食事をとれなくなったときは――彼らと同様に、自ら絶食してしまうほどに。
     
     俊に出会った主人公の青年・甲平は少年に食事を奢ってやり――言いました。
    「仲間仲間って仲間に引きずり込まれて、お前自身はどこにあんだよ」

    「そりゃ、楽だよ。安心さ。右へ倣えでみんなとおなじことしてりゃさ。『金魚の糞』みてぇな生き方してりゃあな」

    「でもな、俊。人間は……お前だっていつかは歩き出さなきゃいけないんだ。ひとりぼっちで荒野を……」

    「荒野だ。そこには道もなければ指図してくれる親や仲間もいない。一人で突き進まなきゃいけないんだ」

    「自分だけが頼りだ。だから自分を強くしなきゃ。鍛えとかなきゃダメなんだ」

     甲平は――言葉だけではない。敵怪人との行動でも、少年に道を示そうとしました。
     どれだけ敵の怪人に攻撃され、地を這いつくばることになろうと決して屈さない。全身に敵の毒が回ろうと。命の危険が迫ろうと。
     敵の「奴隷」にはならない。
    「例え命と引き換えだろうと、自分の誇りを売ったりしない」為に。
     二人の仲間が倒れた中でも、孤軍奮闘。
     ビーファイターカブトはついに敵怪人を倒しました。
     その姿を見続けた俊は――解毒剤で回復した不良少年らに立ち向かいました。
    「僕はもう二度と金魚のウンコをやめるんだ!」

    「金魚のウンコはやめるんだ!!」

     不良少年たちは集団で俊に暴力を振るいました。
     俊は――「何かあったら助けを呼ぶように」と甲平から事前に渡されていた無線機を使わず、暴力に耐え抜きました。
     たった一人で。
    「どうして俺を呼ばなかった!」
     遅れて駆け付け、尋ねる甲平に俊は言います。
    「僕、やっと今一人で、荒野に踏み出す決心をしたところだもの!」
     彼が甲平を呼ばなかったのは「彼が必ず来てくれる」と信じていたから。
    「信じていたから」こそ、呼ばなかったのです。
     礼と共に無線機を甲平に返し、一人去っていく俊。

     物語の結末。
     砂漠のように枯れ果てた大地を一人歩む俊の姿が映され――。
    「俊!」
     優しく微笑み、少年の名を呼ぶ甲平。
     ヒーローたちの姿でお話は終わります。 

     こうした理由でございます。

     自分も、少年のように枯れ果てた大地を歩めるようになりたいと思い続けたので「砂漠生物」と名を決めてみました。
     よろしくお願いいたします。




     

  • 追記。『誇りの荒野を走れ!!』というタイトルです。荒野のような場所でも歩めるように「砂漠生物」にしました。

  • 追記。訂正。「僕はもう二度と金魚のウンコをやめるんだ!」→「僕はもう金魚のウンコをやめるんだ!」でした。失礼いたしました。

  • 追記 敵怪人との行動→敵怪人との戦闘における行動 でした。失礼いたしました。

  • 砂漠生物さま
    なんだか感動しました。
    その特撮…なんだか覚えがあるような…何年位まえの作品なんですかね?
    弟がいるので特撮ものや男の子が好むものも結構観ていました、遊びもLEGOやプラレールなど(笑)
    反対に弟にもバービー人形やシルバニアに付き合わせましたが(爆)

    それにしても素敵なエピソードありがとうございます。
    私のペンネームは猫の名前からです。
    モンハンのアイルーからのあいるです

    これからもよろしくお願いします!

  • コメントありがとうございます。二十三年ほど前の作品です。
    今でも、思い出してしまいます。
    こちらこそよろしくお願いいたします。

  • 回答ありがとうございます
    そんな昔ならちがうかもですね…
    弟は22歳ですし(笑)
    わたしはアラサーです

    遅くまでお付き合い下さりありがとうございました。

    おやすみなさい( ˘ω˘ )zzz

  • ありがとうございます。おやすみなさいませ。

  • 追記。
    自分は、俊が今もあの荒野を歩いていると信じています。
    彼が一人の人間として……。

  • では、おやすみなさいませ……。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン